2015年11月24日

ザ・プレミアム「幻解!超常ファイル・スペシャル 謎の超古代文明を徹底解明!」

NHK番組、幻解!超常 ファイル・スペシャル「謎の超古代文明を徹底解明!」を視聴したので感想を述べたいと思います。この番組は超常現象と呼ばれている事柄に対する科学的な反証を主旨としており、今回はクフ王の大ピラミッドや中南米の遺跡、オーパーツ(out of place artifacts)、イースター島のモアイ像や、モヘンジョダロの古代核戦争説、アトランティス大陸を取り扱っています。

紀元前2500年前に建造されたエジプトの大ピラミッドにおける超古代文明説の主な根拠として、「方角の平均誤差わずか0.057度」、「2.5tの石を139mまで持ち上げている」、セティ1世の葬祭殿内の壁画に描かれている「ヘリコプターや飛行船のような物体」という事例が登場しますが、それぞれ専門家によって「同じ壁に2人の王であるセティ1世とラメセス2世の名前を彫ったことで生まれた偶然の産物」、「当時真北にあった星、トゥバンをもとに観測すれば精度の高い方角の割り出しは可能」、「ピラミッド内に斜面のトンネルを作れば頂上まで石を運搬可能」と反論しています。加えて近年の調査で新たに大ピラミッド建設に携わった労働者2〜3万人分の居住跡と墓地も発見されたといいます。

他にも、大ピラミッドに円周率や当時計測されていた地球と太陽の距離、赤道円周と極半径の比といった、高等数学の知識が隠されていたという説については、ただの数字のマジックに過ぎないとする数学者による、東京タワーの高さを港区の郵便番号で割ることで円周率を、トイレットペーパーから得られる数字を都合よく計算することで地球と太陽の距離を割り出せる実演と、円周率が重要なら大ピラミッドの後に作られた2つのピラミッドにも踏襲されているはずですが、実際にはばらばらである点から偶然である可能性が高いと結論付けています。

中南米の超古代文明と言われている石器文明にあって石と石が綺麗に合わさったインカの石積み、当時の文明では加工不可能なクリスタル・スカル(ヘッジス・スカル)、ロケットを操縦しているように見えるパレンケの石棺、空からでないと描けないとされるナスカの地上絵についてはそれぞれ「ハンマーストーンを使えば可能」、「様々な状況証拠から19世紀以降にパリの美術商がドイツの宝石加工職人に作らせた偽物と推測される」、「王の死または再生を表すマヤ人の死生観が描かれた絵である」、「諸説あるが地上で描ける」としており、モアイ像も、複数人で縄を頭部にくくりつけて立ち上げ、左右後から引っ張ることで目的地まで歩かせるように運ぶことができると実験で証明されていました。

研究者のデヴィッド・W・ダヴェンポートとエットレー・ヴィンセンティがモヘンジョダロにある「ガラスの町」で核実験場の爆心地にしか存在しないトリニタイトを発見して広がったという古代核戦争説は、2人の消息がつかめず、書いた本も絶版で調査の一次資料も確認できない上に、専門家は「現地に何度も行っているがそんな話は聞いたことがないし、隠す理由もない」と述べています。

また、前出のような作られた時代が新しかったりただの勘違いではない、本物であることが証明されたオーパーツとして、ドイツで見つかった約3600年前の天文盤である「ネブラ・ディスク」、ギリシャで見つかった約2100年前の天体の動きを予測する計算機である「アンティキティラ島の機械」も紹介し、これらの価値はしっかりとした調査、研究があったからこそ明らかになったものであり、これらを超古代文明として納得してしまったなら、かつて存在した本当の技術が分からなかったとも主張しています。

最後にプラトンが書いたアトランティス物語が、現在、プレートに痕跡がないことから完全に否定されているイグネイシャス・ドネリーが出版しベストセラーになった世界の文明発祥の地としてのアトランティス実在説を生み、チャールズ・ダーウィンが発表した進化論によってキリスト教的価値観が揺らいだ19世紀後半のイギリスで、ヘレナ・P・ブラヴァツキーが創始して欧米で大勢の支持者を集めた神智学という思想やアドルフ・ヒトラー率いるナチ党の人種差別主義に影響を与えた事例を紹介し、超古代文明説に惹かれてしまう人々について、先住民に対する侮りや、複雑な過程を飛ばして物事を理解したがる癖、現状に不満を抱えているが故の自分のルーツに対する過剰な期待があると指摘し、その思想が自分の優位性を主張するための差別意識を正当化しやすいと警告していました。

現在では、主に大麻論者であるスピリチュアル系ブログや動画チャンネルの管理人が暴力団経由で仕入れた麻薬(多くがアフガニスタン産であり軍産複合体の資金源の一つ)を売りつけるための広告塔としてこの手の与太話を盛んに喧伝しており、多くの頭が悪い人が中毒者になっています。正常な人は見たことがないものは演繹的に推論してその存在の有無を判断しますが彼らは面白いものであればまず信じ、次いで辻褄を合わせる理屈を探すという逆の思考プロセスを取るからです。そして根が卑怯で臆病、怠惰なため麻薬や希有壮大な妄想から抜けられず、やがて現実との乖離による病状の進行で匿名での誹謗中傷、脅迫を特に好んで行う犯罪者になります。彼らに対する最も現実的な対処法にして治療法は塀の中に入ってもらってネットや麻薬から隔離することですので、今後はそのための実体験を以って得られたノウハウをブログやイベントで公開していきます。
posted by 河野 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

NHKスペシャル 私たちのこれから「#雇用激変〜あなたの暮らしを守るには〜」

この番組では現在の日本の雇用問題として一度非正規になると正社員に戻ることが難しい雇用情勢にある中、雇用が不安定で低収入の非正規労働者が増えた分、正社員の労働時間や責任も増す「雇用の二極化」と呼ばれる状況を紹介しており、激務に耐えられなくなった人や、介護や子育てで辞めざるを得なくなった人が正社員から非正規労働者に転落することで日本の消費を担う中間層が消滅して経済停滞や税収の減少、出生率の低下、治安の悪化といった国の根幹を揺るがす事態に発展するおそれがあるといっています。

対策例として企業側からはコープさっぽろの限定正職員やりそな銀行のスマート社員といった、賃金は正社員より少ないものの、雇用期間が無期限になる非正規と正規の中間に位置する限定正社員という働き方を、行政側からは東京奥多摩町が行っている空き家の貸し出しによる子育て支援を挙げ、問題の早急な解決を求めていました。

雇用の二極化の原因は、日本が抱える他の諸問題と同じく勇気がある日本人が少なすぎて悪い政治を変えられないからです。私は悪い政治を変えられると見込んだ候補者の元で選挙活動に参加していたことがありますが、身内以外で金や労力を提供してくれた人は殆ど居なかったばかりか、候補者が力及ばず落選した後はネットで執拗な中傷を繰り返してくるものまで現れる始末で、もはや日本人の手で日本を立て直すのは不可能だと実体験から痛感しています。

限定正社員というのは多くの場合働く地域や職種が限定されているため雇用条件が満たされなくなった時点で解雇されますから、調整弁として切られやすい働き方であるという点においては非正規と同じなので中間層消滅への対策になりませんが、子育て世帯への空き家の貸し出しは、今後TPPで増加する外国人世帯も利用することで、意味を持ちます。彼らを暮らしやすくすることで、彼らの数を増やし強いリーダーを多数選出してもらって日本の駄目な政治家を淘汰してもらうわけです。これからは移民が住みやすい環境を整えることが中流層の回復、ひいては日本を新生させることに繋がります。
タグ:国際情勢
posted by 河野 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

世界へGO!徳川家康×エリザベス1世 大坂の陣の真実

世界へGO!徳川家康×エリザベス1世 大坂の陣の真実を鑑賞したので感想を書きたいと思います。

この番組では大坂の陣で豊臣方を停戦に追い込んだとされるイギリス製のカルバリン砲と、イギリス各所に保管されている日本製の文化財や行事から同時期を生きた家康とエリザベス1世の繋がりを追っています。

日本所縁の品としてロンドン塔からは秀忠からイギリス国王に送られたとされる家康お抱えの一流甲冑師、岩井与左衛門が製作した鎧兜が、オックスフォード大学のボドリアン図書館からは日英国交樹立の際家康から王室へ送られたという貿易許可書の朱印状、ジリンガムからは日本文化と交流できる「ウィル(ウィリアム)・アダムス・フェスティバル」という催し物が、最後にエリザベス女王の側近を務めた伯爵の館であるハットフィールド・ハウスからは、家康から送られた螺鈿細工の小物入れが登場します。カルバリン砲については、製造過程や具体的な破壊力が検証されていました。

家康とイギリス王室の間でやり取りされた品や書状からは高度な駆け引きが伺えます。家康は最終的には日本に宗教対立を持ち込み、戦乱の火種になるカトリックもプロテスタントも両方追い出して国を安定させたかったのでしょう。そのために、まず国内で信者を増やしているスペイン、ポルトガルが属するカトリックへの牽制としてプロテスタントのイギリスを使うことで自分たちが常に主導権を握り続けられるよう勢力を調整し、次いで大坂の陣の前に豊臣方につきそうなカトリックを締め出し、最後に豊臣方に勝利した後は利用価値がなくなったイギリスも撤収に追い込んで、鎖国を完成させました。

目的のために将来の敵と結ぶやり方は、現在のアメリカ民主党も行っています。アメリカ民主党の目的はロシアを押さえた上での中国とのG2体制確立です。故に国策統一のためにプーチンを支援する形で中東で戦う共和党勢力(イスラエル、サウジアラビア)への攻撃に注力しています。決着がつけば、難民問題を抱えるEUはロシアと同盟を組んで中東への武器流入を止めさせ、資源も相手国に頼ることになりますから、中国はロシアからの資源の輸入分を中東へ切り替え、難民への武器供給も担うことで、TPP、中国、中東諸国による欧露包囲網が完成し、最終的にEUが裏切ってロシア連邦解体へと進むでしょう。第2次世界大戦ではヒトラーを倒すために米ソが組みましたが、第3次世界大戦ではプーチンを倒すために米中が組むという形です。

結果として今後世界では一層グローバル化が進みますから、特に日本のような環境の良い国は外国人だらけになるでしょう。大きく変わる日本社会で生きていくためには、彼らに必要とされるような物やサービスを考えるなり、助け合える団体に所属する、もしくは団体を設立するなりして、各々が家康が行ったような外国人との上手な付き合い方を模索していく必要があります。
タグ:国際情勢
posted by 河野 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。