2015年12月31日

山椒大夫

映画「山椒大夫」を鑑賞したので感想を書きたいと思います。

陸奥国の国司であった平正氏は、百姓を困窮から救うために鎮守府将軍の命に背き筑紫国へ左遷されてしまいます。妻の玉木と子の厨子王、安寿兄妹は正氏に会いに行く途中、人買いに騙されて親子離れ離れに売られてしまいます。苛烈な丹後国の荘官、山椒大夫の奴婢(奴隷)となった厨子王、安寿は、日々過酷な労役を課されていたものの、安寿が自分を犠牲にして厨子王だけは逃がす事に成功します。中山の国分寺で匿ってもらった厨子王は、僧侶の計らいで知遇を得た丹後国の関白から、父正氏の名誉が回復した事、すでに故人である事を知り、丹後国の国司に任じられます。厨子王は手に入れた官位と引き換えに丹後一帯での人買いや奴隷の使役を禁止し、山椒大夫とその家人を国外へ追放した後、以前人伝で母の所在として見当をつけていた佐渡へ赴き再会を果たすというのがあらすじで、醜い人の世にあって正義を貫くことの難しさを描写しています。

この映画の舞台である平安時代末期では寒冷期である上に有力者への寄進地系荘園の増大によって朝廷の税収が上がらず警察力の低下から野党や人買いが横行し、また、中央の目が届かないところでの領地の取り合いや、横暴を働く国司も発生していたため地方豪族や有力農民層の田堵は武士化することで自分の身を守ろうとしていました。彼らは後に能力や家柄で源氏や平氏といった軍事貴族を棟梁に選出しやがては鎌倉幕府によって朝廷から自治権を獲得していきます。

特権層の賄賂や汚職が横行し律令が当てにならなくなっていたこの時代は日本社会の未来を類推する上で参考になります。私たちは武士が軍事貴族という時流にあった人間を棟梁とし戦闘や訓練に臨んでいたように、数が増えていく外国人や犯罪被害者に対応できる人間をリーダーに据えて彼らとの相談や交渉のほか、難関資格の取得合宿や弁護士事務所と連携した犯罪者の駆除を行うことで資本を獲得、維持しつつ機会に備えていくのが宜しいと考えておりますので、これらの活動に興味のある方は続報をお待ちください。貧しい人も待っていれば或いは厨子王が助けに来てくれるかもしれません。しかし劇中で彼に解放された奴婢が真っ先にやったことは荘園内での略奪と放火でした。知恵や勇気を培っていない人々はいざ自由になっても碌なことをしないし、できないということです。
タグ:政治活動
posted by 河野 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

夜叉

「夜叉」を視聴したので感想を書きたいと思います。

ミナミで背中の刺青から「夜叉の修治」と呼ばれていたヤクザの修治(高倉健)は結婚するために足を洗い、敦賀で漁師を営んで15年が経った頃、同じく情夫、矢島(ビートたけし)をシャブ中(覚せい剤中毒)から立ち直せるためミナミからやってきた蛍子(田中裕子)が居酒屋を開いたので、彼女に懐かしさを覚えて常連になりますが、矢島は蛍子との約束を破り再びシャブに手を出して他の漁師たちにも広めてしまいます。修治は矢島にシャブを渡したのがかつての舎弟だったトシオだったことを突き止め彼を折檻し、蛍子には矢島が仕入れたシャブを捨てさせたところ、矢島が逆上したため、最後は力付くで場を収めました。暫くして蛍子は、シャブを台無しにした件でヤクザに脅されている矢島から助けを求められ、修治に彼を救うよう懇願します。請け負った修治は妻の制止を振り切ってミナミへと戻り、トシオとともにヤクザから矢島を取り戻しますが、ミナミのヤクザを裏切れなかったトシオに矢島は殺されてしまいます。修治から報告を受けた蛍子は居る理由を失った敦賀を去り、各々が日常に戻っていくというのがこの映画のあらすじで、矢島が蛍子との約束を破ってまた覚せい剤に手を出したり、修治が足を洗ったはずのミナミに舞い戻ってヤクザ相手に暴れる展開や、修治の姑の「修治の夜叉は背中におるんやない」というセリフから、人の本性は変わらないことを暗示しています。

本性は劇中の修治のように強い負荷がかかる事で露わになります。現実で言えば生存環境が大きく悪化している日本において、政治活動(ブログ、メルマガ、ラジオ、選挙)で日本の新生を訴える私たちに、金や労力を提供して共に戦ってくれた人もいれば、匿名による後援会員に対する名誉毀損、侮辱で応じた麻薬の売人や中毒者、前科者も居たということです。現在、警察や裁判所、弁護士事務所、プロバイダー企業と連携して後者の駆除にあたっており、私自身は提出書類の作成や担当者との交渉を行いました。来年以降はこの経験と伝を他の匿名犯罪者に苦しめられている人たちとの相談に活かし、反面教師として匿名犯罪者の惨めな実態も裁判や広報で公開する事によって社会の秩序に貢献していきます。
タグ:政治活動
posted by 河野 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

野火

映画「野火」を視聴しましたので感想を書きたいと思います。

この映画では物資が窮乏し敗色も濃厚となったレイテ島の戦いの最中、肺浸潤(肺結核)を患い原部隊と野戦病院双方から厄介者として追い出された田村一等兵が、日本軍の集結地であるパロンポンへの道すがら無用だった一般人の殺害を経験したり、自分以外の日本兵が盗みや横領、商売、味方殺しや人肉食を行っているところを目撃することになり、最後は米兵に撃ち殺されてしまうという展開を通して戦時の極限状態における人間の狂気を描写していました。

関東軍は自作自演の満州事変によって満州国を樹立し、そこで栽培した阿片(アヘン)を中国に流すことで巨利を得ており、さらなる権益を求めて日本を日中戦争に引き込みました。太平洋戦争は軍部首脳部がこの戦争犯罪に対する国際世論からの責任追及を逃れるために始めたものであり、それを知恵も勇気もない国民が許したことでこの映画の題材となった悲劇が生まれました。

現代でも上記に似た構造が、全く収束の目処が立たない福島原発事故問題において発生しています。原発利権に支配され日本国民は5年近くも放射能をまき散らしておきながら誰にも責任を取らせず、世界中から大顰蹙を買いながら、見て見ぬ振りをして日本は素晴らしいだの世界に愛されているだの妄言を垂れており、70年たってもまるで進歩していません。

今後原発事故問題はアメリカの手によって大日本帝國が滅び、戦争責任者は東京裁判で縛り首になったように、勢力が衰え続ける現日本宗主の共和党が移民受け入れ政策を掲げる米民主党に大統領選挙で敗北して軍門に下れば、日本国内の政治バランスが崩れ、多くの関係者が過失や隠蔽の罪により刑務所送りとなって解決へ向かうと思われます。

今回も日本人は自国の問題を自力ではなく外国の干渉によって自動的に解決されるということですが、なぜそうなるかといえばメタ認知能力が低いという民族的な特徴を抱えているからであり、その根本原因の改善策として最も現実的かつ確実なのが、TPPによる移民受け入れと混血化です。
タグ:国際情勢
posted by 河野 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする