2016年02月18日

NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集「縄文 奇跡の大集落」

NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集「縄文 奇跡の大集落」を視聴したので感想を述べたいと思います。

この番組の主旨は、海外の縄文研究や青森県三内丸山遺跡の発掘調査で、日本最大級の竪穴住居や、専門的な技術者の存在をうかがわせる巨大な物見櫓、大規模な道、解明に向けた調査が続いている謎の遺構といった非常に大きな労働力を必要としたと思われる土木工事の痕跡、大量の土器と魚、動物の骨、胡桃や発酵させて酒にしたとも言われる接骨木の種、栗といった80種類にも及ぶ植物に加えて翡翠や耳飾りといった装身具まで見つかり、発掘物の年代から1500年もの間、縄文人は豊かで文化的な定住生活を、同じ頃西アジアで栄えていたメソポタミア、エジプト、インダス、中国文明とは異なり、農耕ではなく狩猟採集を生活基盤として営んでいたことが分かったと言うもので、

遺跡から採取した土に含まれている縄文時代の花粉を年代ごとに分析した結果から、丁度集落が形成されたおよそ6000年前にブナ、ミズナラの花粉が激減し、代わりに栗の花粉が急増しており、集落全体に広がる花粉の飛散状況と発掘された炭化物の付着した土器から栗の植林と煮炊きも行うことで、豊富な食糧事情を背景に文化を発展させていた。

西アジアや中国が農耕生活に変わったのは約1万年前で、交易を通じて縄文人にも農耕は伝わったものの、約15000年前を境に氷河期が終わりに近づいて植生が変化し、さらに約9000年前に日本海に暖かい海水、暖流が流れ込んでで生まれた四季の恵みを活用する事で狩猟採集のまま1万年以上持続可能なライフスタイルを築き上げられたため移行する必要がなかった。

「火焔型土器」に見られるような縄文時代独自の文化である土器の紋様の意味するところについては縄文土器と同じような紋様を持つ土器を使っているというパプアニューギニアのクトゥマの村で研究されした結果、その多くが自然にまつわるものを表す精霊をかたどっているものであり、縄文土器にも同じ自然環境そのもの中で生きる人々の思惟が現れている。

均整のとれた立ち姿が特徴的な山形県舟方町の「縄文の女神」、お腹や腰の柔らかい曲線がふくよかな体型を際立たせている長野県茅野の「縄文のビーナス」、祈りを捧げているようにもみえる青森県八戸の「合掌土偶」といった個性的な造形をした土偶は祭りなどの儀式で使われていたと考えられ、三内丸山の土偶を調べてみると集落が築かれた時期から大集落へと発展して周辺の集落から住居がなくなっていく過程で出土する数が増えており、人々を集め、心の拠り所となって大きな集落を安定させる役割があったと推測しています。

最後に約2300年前、縄文が大陸からの技術を受け入れた詳細な理由について明らかになっていない水田による米作りを行う弥生時代が到来して以後、社会には富が蓄積され、国家が出現し日本列島から縄文の陰が薄れていくなか、現代の日本でも縄文から受け継ぐものとして、樹液をとって切り倒し、新たに苗木を植え再び樹液が取れるようになるまで待つことで森を持続させている漆づくりの文化を紹介しながら、現代において私たちは自然の資源を持続的に扱っておらず、破綻が秒読みの段階に来ているとして、私たちの子や孫だけでなく、次の1万年を生きる人々のためにも縄文の知恵から自然を持続的に活用する方法を学ばなければならないと主張しています。

縄文人は世界史上最も豊かな狩猟採集を可能にする自然環境を持続的に活用しようとしたが故に農耕に移行できず、気候変動による寒冷化と火山噴火で数を激減させ、弥生人が日本国内における主要なプレーヤーとなりました。逆に言えば何もしなくてもそれなりの数が残ったということであり、縄文人は危機に対するこの選択を成功体験として記憶しています。そして現在、その子孫である多くの日本人も遺伝子情報に基づいて同じ生存戦略を採用しています。彼らの考え方は、気候変動や大地震、火山噴火、放射能、民族移動が迫っていても、移動したり慣れないことを始めればかえって命を縮めるかもしれないので、ならば難しいことも先のことも考えずその日暮らしを続ければいい、というもので確かに数は多いですからある意味合理的です。

卑近な例ですが、私が以前勤めていた会社で一緒に貯金の話をしていた同僚も、彼の貯金が当時39歳にしてゼロであった理由について「明日死んだら勿体ないから」と言っていました。このような縄文人の生存戦略は楽ができますしX遺伝子なら残るでしょうが、あまりに主体性がなく、何よりも自分で物事を決められない若い世代に対して無責任です。彼らの生きかたに違和感が覚えられ、確定した気候変動と民族移動の時代に対応するための避難訓練や免許合宿、外国人との交渉、犯罪者への対処について知りたい方は続報をお待ちください。2月22日はプロバイダー企業を相手取った裁判があります。
タグ:政治活動
posted by 河野 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

NHKスペシャル 巨大災害 MEGA DISASTER U 日本に迫る脅威 第1集 極端化する気象〜海と大気の大変動〜

NHKスペシャル 巨大災害 MEGA DISASTER U 日本に迫る脅威 第1集 極端化する気象〜海と大気の大変動〜を視聴したので感想を書きたいと思います。

この番組では、温暖化が進む近年において増加する自然災害を俎上に載せており、台風の多発化は太平洋上空の赤道付近に普段吹いている東風に、インド洋付近で発生し太平洋を通過して40日前後で赤道を移動するMJO(マッテン・ジュリアン振動)がもたらした西風とぶつかったことを、強大化しているのは数年毎に太平洋の東側の海温が高くなるエルニーニョ現象によって発生した台風のエネルギーとなる大量の水蒸気をMJOの上昇気流がまき上げられたことを原因として挙げ、今後100年間に発生する台風を、重なり合うMJOやエルニーニョ現象、海水温の上昇を想定してシミューレションした結果、スーパー台風が増加したり、複数のスーパー台風が連続して日本を襲うケースも起こりうると予想しています。

MJOは他の変動と重なり合うことで台風以外の災害も世界各地にもたらしているという事例を、雨季にMJOが合わさったことで降水量が増え洪水に見舞われたインドネシアのジャカルタと、インドネシア付近でMJOが巻き上げた大量の水蒸気が偏西風によって西海岸に流れたため、大雨による土砂崩れが発生したアメリカ西海岸のサンフランシスコで紹介し、MJOの影響が中緯度から熱帯地域にまで及び、極端な雨を降らせると主張していました。

大災害が起こる時期については、全国各地の遺跡から見つかる古い木の年輪に含まれている酸素同位体と呼ばれる元素から年ごとの雨量を計測することで約400年毎にやってきていると推定し、前回気象が激変した1700年から既に300年経って、次が近づいているのではないかと指摘しており、関東地方の全域で1日300ミリという大雨が降ったと想定すると関東地方の低平地は殆どが浸ってしまい、最悪の場合山間部で大規模な土砂崩れが発生し大量の水と土砂が巨大な土石流となって市街地に向かい、川の中流から下流では大規模な洪水が発生することで100年に一度を想定した東京を含む各地の堤防は決壊して多くの人が逃げ場を失い、社会が機能停止に陥る可能性もあるとも言います。

温暖化が進んだ後の日本を予見させるような地域としてここ数年極端な猛暑に見舞われ気温が50度前後になる日が増え、熱中症患者や山火事も相次いでいるオーストラリアを紹介し、猛暑の原因として、オーストラリア東側の太平洋における海面水温の変動によって沿岸部の海水温が低く、沖合が高くなったため発生した上昇気流が、温かい風となって陸地へ吹き下ろしたことと、温暖化の影響が重なりあったことを挙げています。

2013年に観測史上最高の41度を記録し、ここ数年40度前後の気温が全国各地で観測されるようになった日本でも、海と大気の変動に温暖化が加わることで、極端な猛暑がどれだけ起こりやすくなっているのか解析した結果、40度を超える猛暑になる確率は温暖化がない場合に比べて7倍に高まっていることが分かり、今世紀後半には気温が今より4度前後高くなることで関東では広い範囲で気温が40度を超す極端な暑さが続き、路面からの照り返しで体感温度は50度近くに達し、僅か10分歩くだけで熱中症になる恐れがあるため屋外では殆ど活動できなくなるうえに、冷房を適切に使わないと、室内でも蒸し風呂のような状態になるため心肺に負担が掛かり心筋梗塞や呼吸器不全が多発し病院だけでなく職場や学校、地域などでも混乱が広がっていくと予想していました。

また、温暖化によって暑さだけではなく北極海の氷が過去30年で最も小さくなったことで冬の寒さも加速させていると指摘し、今世紀に入って度々日本に訪れている強い寒波については、バレンツ海の氷の減少によって冬のユーラシア大陸の上空にある偏西風が北へ蛇行して発達した南側のシベリア寒気団を、世界に広がりつつある厳しい寒さについては、氷が多かった時代に北極の上空で高速で回転した気流が遅くなったことで流出した内側の強い寒気を原因とし、温暖化が進むことで、極端な気象の変化に多くの人がさらされる可能性について言及しています。

最後に、赤道付近の海に生息するサンゴの年輪に刻まれている過去数千年の海水温の変化から、エルニーニョ現象による変動に温暖化が与える影響を読み解こうという試みや、地球に残された気象激変の痕跡から過去二千年の気象を解き明かすべく進められているPAGES 2kプロジェクト、MJOが発生する前から台風や大雨の徴候をスーパーコンピューターで予測する研究といった科学者たちの自然災害へ向けた取り組みを紹介していました。

日本にも一昨年は関東で記録的な大雪が降り、去年はスーパー台風が相次いで上陸し、先日は数十年に一度クラスの今冬最強寒波により39年ぶりに沖縄で雪が降るなど、年を追うごとに着実に気候変動の影響が瞭然となってきています。私は対策として一昨年は台風に合わせたブルーノア号での船舶訓練に参加し、去年は岐阜で仲間が主催したキャンプ場での避難訓練イベントに運転技術の未熟が原因で参加できなかったため、「災害時、集合場所に行きたくても行け無い状況において現地にいる人間を交渉で引っ張ってくる」訓練に切り替え、主催者対して岐阜からの往復の運賃と食事代、観光場所を案内するという条件を出してこれに成功しました。避難訓練イベントについては今年も開催される予定ですの興味を持たれた方は続報をお待ちください。
タグ:政治活動
posted by 河野 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

英雄たちの選択「日本国王 足利義満の野望〜北山新都心と日明貿易〜」

英雄たちの選択「日本国王 足利義満の野望〜北山新都心と日明貿易〜」を視聴したので感想を書きたいと思います。

この番組では室町幕府第三将軍足利義満が行った政策の一つである日明貿易に焦点を当て、来日した明国使節団に最高権力者が誰であるかを理解させる目的で、北山にある天子南面を表した鹿苑寺金閣寺を拠点に、その入り口となる惣門から110mある七重大塔を見えるように建設し、朝廷と関わりの深い平安から続く青蓮院、聖護院、三宝院といった寺院を移動させて天皇の宗教的権威をも奪おうとしていたとする北山新都心構想の説明と、国交樹立の大きな関門になったと思われる、衆人環視の元で明の装束を身にまとい使節が国書を読み上げる間ひれ伏して拝聴し、皇帝の象徴である龍亭に国書が戻された後、さらに国書に跪いて5回拝礼するという、明の皇帝に対して服従の意を示すかのような天皇を世界の頂点と考える公家たちからの反発を受けかねないこの外交儀礼に対して、当時義満は応永の乱、明徳の乱に見られる、室町幕府に反旗を翻しかねない西国を中心とした有力守護大名の存在と、朝廷に対する権威、明国の皇帝交代による不安定な政治情勢を考慮していたと分析し、そして義満が実際に下したと文献に記されている明の装束ではなく法衣を身にまとい使節を臣下のように迎えて国書を捧げさせ、拝礼は3回で仏典拝受のような形式に簡略化し使節が皇帝に変わって読み上げるはずの国書を自ら読み上げたという大胆不敵な判断を、派遣されてきた使節団が官僚ではなく世俗を超越した僧侶であったので明の儀礼を仮に逸脱してもそれほど問題にならず、明の使節が僧侶なので自分も僧侶として対応したと言えば儀礼の場は切り抜けられ、国書を読むなどの尊大な振る舞いによって公家からの反発も抑えられるとの根拠も加えて紹介しています。

内政不安や倭寇といった相手国の弱みを計算に入れ、出家者である自身の身分を臨機応変に手札として使うことで、できる限り自分に有利な形で国交樹立を成功させた義満の交渉力は、これから政治の劣化により益々増えていくモンスターや犯罪者によって、金を持っているだけでは安心して生活できなくなる日本社会において、今の日本人が参考にすべきものです。

私自身も交渉力を得るべく活動しており、先日もコメント欄に後援会代表に対する名誉毀損に当たる中傷文が書き込まれていた無料ブログのプロバイダー企業に通知書兼送信防止措置依頼書及び後援会幹事としての私への委任状、私と依頼者の身分証明書類のコピーを送付し政治団体からの要請として対応を求めたところ、政治団体の、もしくは依頼者本人の印鑑証明書を送ってこいとのメールが返ってきました。

私たちは他にも複数のプロバイダー企業にこの企業へ送ったものと全く同じ書類、書式で中傷文に対処しもらっていたため、この会社に特別扱いしなければならない法的根拠の提示を求め、その法解釈が当方と食い違っている場合、裁判官に判断を委ねるとの返事をしたところ、向こう側にはそういった根拠はなくマニュアルに沿って対応しているだけだということがわかり、先に送った書類にて削除手続きを始めてもらうことで話がつきました。

今後も私は精進を続けていき、犯罪被害に悩んでいる方や犯罪者と戦いたい方の役に立てるよう得られた経験をメディアで公開していく所存ですので宜しくお願いします。
タグ:政治活動
posted by 河野 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする