2015年01月06日

日本維新の会の陰謀51

ではなぜ、この問題が浅田被告との距離を測る試金石になっているのか、事の経緯を振り返っておきます。そもそもは、同和対策事業の一環として1986年に開設された大阪府の第3セクター「松原食肉市場公社」(社長・山口公男元部落解放同盟大阪府連副委員長=当時)が毎年赤字で、大阪府は総額100億円にものぼる補助金を投入してきました。しかし経営状況はいっこうに改善されませんでした。2000年度決算で、累積赤字は16億7000万円にものぼったため、事実上の経営破綻に陥りました。このことを発端に、同公社と羽曳野食肉市場株式会社が整備・統合されたわけですが、こうして02年7月に設立されたのが南大阪食肉市場です。

南大阪食肉市場の設立に際し、大阪府は総額68億円もの財政支援を決定。旧松原食肉市場に対する債権14億円を放棄するとともに、羽曳野市場で荷受けをしていた浅田被告側に、法律用語にもないまったくの造語である「準営業権」を譲渡する名目で、3億2000万ものいわゆる”つかみガネ”を渡しました。そして、新会社の南大阪食肉市場に無利子で25億3900万円を、またしても貸し付けたのです。一方、再建計画では、羽曳野食肉市場内にある「羽曳野市立と畜場」を存続させ、その運営補助金12億円を当初は大阪府7割、羽曳野市3割の割合で負担することになっていました。しかし、大阪府議会が反対したため、大阪府と羽曳野市が折半することになったものの、当時の福谷剛蔵羽曳野市長が反発し、交渉が難航していました。

この問題は、新会社発足後も未解決のままとなり、当時の大阪府環境農林水産部長が02年9月30日夕刻、羽曳野市役所で福谷剛三市長と面談し、説得にあたりました。この席には浅田被告も現れ、約30分間に渡って「いつまでも補助金のことを言わんと、業界全体のことを考えてやってくれ」と福谷市長を説得したと言います。そして翌10月1日、大阪府と羽曳野市は、羽曳野市立と畜場への運営補助金の負担割合を7対3から5対5の折半に変更する確約書を交わしました。浅田被告の鶴の一声で羽曳野市が方針を撤回・変更したわけですが、それほど同被告の影響力は絶大だったのです。

posted by 河野 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

日本維新の会の陰謀50

「彼(橋下氏)が知事に就任して1年ほど経った頃、うち(自民党)も議会で取り上げていたんで、府庁舎の廊下でバッタリ会った時、『あの話、どうなったんや?』と聞いたんですわ。すると”もう触れてくれるな”とばかりに、目の前で手を振って無言で立ち去ったんです。「ああ、これは手打ちしたんやな」と確信しましたわ。太田房江府政時代の負の遺産にメスを入れることができず、府政運営に行き詰まった彼は、自分が責任を取らされることを恐れて、結局、府政を投げ出して大阪市に逃げたんですわ」

こう振り返るのは、自民党大阪府議団の元幹部です。ここでいう太田府政時代の負の遺産とは、”食肉のドン”こと「ハンナン」(大阪府羽曳野市)グループの総帥・浅田満被告が事実上牛耳っている「南大阪食肉市場株式会社」(以下、南大阪食肉市場)への25億3900万円の無利子貸付金問題のことです。いわゆる乱脈同和行政の象徴の一つです。周知のとおり、浅田被告は「新党大地」の鈴木宗男元代議士をはじめとする中央政界の大物や、農水官僚に対する金銭授受、便宜供与などを通じて国政にも影響を与えてきた、いわゆるフィクサーとして有名な人物。関西国際空港2期工事の反対決議撤回の黒幕から、故横山ノック元府知事、太田房江元府知事に対する金銭供与、接待など、大阪の暗部を語るうえで避けては通れない存在です。もちろん、地元羽曳野市政に対する影響力も絶大で、浅田被告の支援なくしては市長になれない。これは誰しもが認めることです。

そして、先の自民党大阪府議団の元幹部が府知事時代の橋下氏に問いただした「南大阪食肉市場」問題は、知事や地元市長などの首長と浅田被告との関係、距離を測るバロメーターにもなってきました。つまり府民の血税を、乱脈同和行政の一環として、事実上、浅田被告のために大盤振る舞いし続けるかどうかの試金石になっているからです。

posted by 河野 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

日本維新の会の陰謀49

こうしたなか、改憲勢力と大阪維新の会との醜悪な関係も露呈しています。それは「在日韓国、朝鮮人が握る特権(在日特権)は、大きすぎる。日本からなくす」ことを目的に、07年1月に設立された「在日特権を許さない市民の会」(桜井誠会長)、いわゆる「在特会」との癒着です。俗にいうネット右翼から生まれた在特会の桜井会長が、会発足前に、タレント弁護士時代の橋下氏と名古屋市内の料理屋で会ったことがあるという話を別の項で紹介していますが、大阪維新の会の議員が、実は在特会幹部と親しい事実がネット動画で確認できるのです。

周知のように、在特会をめぐっては、京都朝鮮学校襲撃事件や、徳島県教組襲撃事件、そして12年5月10日、大手製薬会社・ロート製薬がCMに韓国人女優を起用しているとして、同社に押しかけ、会の幹部が強要容疑で逮捕されるなど相次いで事件を起こしています。そして、先の2つの事件で逮捕されて有罪判決を受け、執行猶予中にロート製薬事件を起こした幹部らと大阪維新の会の府議、大阪市議が親しい関係にあるというのです。実際、ネット動画をみると、逮捕された在特会幹部が経営していたラウンジで、吹田市会議員選挙でトップ当選した「吹田維新の会」議員の祝勝会が開かれ、「大阪維新の会」大阪市会議員団の東貴之幹事長(当時)が、そこでお祝いの挨拶をしている姿が確認できます。そこには、先の2つの事件とロート製薬事件で逮捕された別の幹部も同席していました。

さらに、同ラウンジに出入りしていたことが指摘されている大阪維新の会大阪府会議員団の宮本一孝府議(門真市選出)は、その事実を認め、こう答えました。「地域の知人に誘われて3年ほど前、2回その店に行きました。店の経営者と知人は門真の中学時代の同級生ですわ。経営者とは店で会いましたが、挨拶した程度です。私は在特会とは関係ありません。東(大阪維新の会大阪市議)さんが店に行ったという話は聞いています」北新地にある件のラウンジは、12年3月に無許可営業で摘発され、経営者である在特会幹部は、踏み込んだ捜査員に向かって包丁を振り回したとして、公務執行妨害で逮捕されています。

この元ラウンジ経営者の在特会幹部を知る元幹部がこう言います。「摘発されたラウンジは、在特会の中でも過激派で知られていたチーム関西のメンバーの溜まり場でした。デモの帰りなどに、その店で飲み会をやってました。維新の会の議員も出入りしていましたね。元ラウンジ経営者はチーム関西元代表で、同じく逮捕された元京都支部長らとともに通称”チーム関西の四天王”と呼ばれていました。主な在特会幹部は日本会議に加入していて、2つの団体のメンバーは重なっています。筆頭副会長は、工学博士で『原発の火を消さない国民会議』書記長の肩書きを持っています。原発問題でも日本会議と同じスタンスです。また、毎日新聞の女性記者が君が代斉唱問題で橋下市長に質問したことで市長が逆ギレし、そのやりとりがYouTubeにアップされ、その画像が200万回近く再生されたという報道もありましたが、在特会などネット右翼の”サクラ”が、その陰にいることは間違いありません」

旧来の改憲勢力、そしてソーシャルネトワークを駆使するネット右翼の影。そういえば橋下市長も、メールとツイッターがいわば最強の武器です。橋下人気の秘密を解く鍵は、案外、デマゴーグの巣窟でもあるソーシャルネットワークの世界にあるのかもしれません。

posted by 河野 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。