2016年07月27日

EUの盟主となったドイツ

欧州において経済の国境を無くし通貨を統合すれば、東西に渡るヨーロッパの中心という地理的条件に恵まれ、輸出競争力のある強い産業を持つドイツが独り勝ちを収めるのは自明でした。さらにユーロ圏危機を通じてEUにおける経済政策をめぐり、ドイツの政治的支配力も強まっています。

欧州債務危機を独り勝ちで乗り切ったドイツにも、少子化による労働力不足という国内経済への不安要素があり、現在8068万人の人口は2060年には6500万〜7000万人にまで減るとみられ、イギリスやフランスに抜かれる見込みで、15年に80万人の難民を受け入れたのには将来の労働力不足を見越した面があります。また、ナチス時代に人種差別政策によってユダヤ人を迫害・虐殺した歴史から国際世論に対して寛容さを見せたいという背景、冷戦中に東ドイツやソ連圏の東欧諸国からの難民を受け入れ、その労働力を使って経済成長を実現してきた経緯もあります。

しかし、シリアのイスラム系難民がドイツを目指す途中には、高い失業率のため難民を受け入れる余裕がなかったり、反イスラム感情を抱える国々があり、メルケル独首相の「欧州の価値観が問われている」という発言を傲慢な強国の押し付けであるとしてドイツの独裁復活にEU諸国では警戒感が強まっています。かねてより欧州は「ひとつになるには大きすぎるが、分断するには小さすぎる」と言われてきましたが、今後のEUも盟主であるドイツの舵取りは困難を極めそうです。
タグ:国際情勢
posted by 河野 at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。