2016年07月25日

アメリカが「世界の警察」を辞めた理由

2013年9月10日にテレビ演説の場でオバマ大統領は「米国は世界の警察ではない」と言いました。11年にイラクから米軍を完全撤退させ、アメリカは世界秩序の監視役から手を引きましたが、そもそもなぜ今まで「世界の警察」が続けられていたかといえば、ユーラシア大陸から遠いという地政学的メリットがあるからです。それ故に世界中で起こる戦争を遠くから監視し、パワーバランスを崩しかねない存在が現れた時に徹底して叩くというのがアメリカの外交戦略だったのです。

しかし03年からのイラク戦争の長期化と08年のリーマンショックが決定打となり戦略の変更を余儀なくされました。今年の1月には、アメリカは核開発問題をめぐるイランへの経済制裁を解除しましたが、その裏には金がかかる中東の整理をイランに任せようという思惑があります。シェール革命によって世界最大の産油国となったアメリカにとって、中東はもはや守る価値のない地域であるということです。

代わって今、アメリカは東南アジアの市場の生産性の高さと、世界第2位の経済大国となった中国に気を配るアジア重視戦略に出ています。アメリカと中国は南シナ海をめぐる領有権問題について対立しており、今年1月末には中国が実効支配する西沙諸島周辺をアメリカのイージス艦が航行するなど一色即発の状態で、経済面でもアメリカは昨年10月に大筋合意したTPP(環太平洋経済連携協定)などで対中国包囲網を張りますが、中国もRCEP(東アジア地域包括的経済連携協定)で経済ブロックの構築を進め確執が続いています。

加えて、14年3月にロシアがクリミア併合に乗り出した事で、「新冷戦」時代と呼ばれる程に悪化した両国の関係もアメリカにとっての懸念材料です。今年はアメリカ最大のイベントである大統領選挙が行われますが、誰が大統領になろうとも、中国やロシアとの外交が困難を極めるのは間違いなさそうです。
タグ:国際情勢
posted by 河野 at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440403389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック