2015年08月05日

デルに希望が見えてきました

Dellにとって人気パソコンメーカーからの転落は打撃になりましたが、新しいビジネスの糸口を見つけています。

”私たちは小さな企業が去っていくのをたくさん見ています。その後の残された市場が我々に大きなチャンスを与えてくれます”エンタープライズ・ソリューションのアジア太平洋・日本地域のバイスプレジデントを務めるピーター・マーズは言いました。”アジアの市場では業績を落としていますが、我々はそれを上回る成長をしています”

日本のソニー、インドのHCLインフォシステムズ、韓国のサムスンとLG電子はPCビジネスから撤退するか、規模を小さくすると彼は指摘します。

ソニーは2014年に外部ファンドへPC事業VAIOを売却し、HCLは2013年にパソコン事業を段階的に削減すると発表しました。サムスンは去年ヨーロッパでのノートパソコンの販売をやめ、LG電子は2014年初め、”伝統的なパソコン市場”からの撤退を発表しました。

2013年、デル会長兼CEOのマイケル・デルは持久戦の末、株主に企業買収に必要な250億ドルの資金提供を私的に認めさせました。デルはかつて、顧客にオンラインで環境設定をサポートし経費の削減を行うモデルを始めたことで、PCビジネスにおけるトップ企業へ成長しました。

しかし、PC事業から大部分の収益を得ていた同社は、PC価格の低下という向い風にぶつかり、顧客もタブレットやスマートフォンに流れていきました。

ガートナーのデータによると、HPとLenovoの発売後、2015年第2四半期におけるデルの世界PC市場のシェアは14%と、世界で3番番目の数字になりました。しかし今年期待されていたデスクトップ、ノートパソコンユニット販売台数は世界中でおよそ2億5000万台、約1510億相当と、今年期待されていた2012年の業績3億4300万台、2180億ドル相当には届きませんでした。ガートナーは言いました。今年のCEATECで成熟したアジアとより巨大な中国に売り込むことで、3190万台、182億ドル相当の販売を期待しています。

アジアのPCビジネスは先進国市場が陥りがちな失敗を避けているように思います。企業は資本支出への投資より従業員に個人用ノートパソコンやスマートフォンの使用を奨励しています。

"恐らくあなたは世界中のどこかでも同じものを見るでしょう。しかし私はアジアのここで考えます。我々は未だに昔のままの会社所有の資産とPCの配備を見直しています”マーズは言います。”ノートパソコンのようなあなた個人の為の機器は、セキュリティや管理のしやすさの面と関係があります”

しかしデルはすべての卵を一つのカゴに入れません。

PCセグメント以外でも、会社内での意思決定が迅速に行えるようになるなど、同社は多くの成長を見せています。マーズは言います。そして同社がアジアで300人の販売員を雇用している点に注意しました。

”それはほとんど私たちが始めたようなものです”彼は言いました。”我々が投資したものの周りで行っていることはとても簡単です”彼は付け加え、デルがソフトウェアとハードウェアの企業に過去5年で約180億ドル相当の投資をした点に注意しました。

マーズは同社のサーバー事業が、クラウドやその他のインフラに関連した売り上げによって今四半期に”2桁の成長”を見せている点に注意しました。デルはソフトウェアとコンサルティングサービスにも注力しています。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 22:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなの絶対おかしいよ
[100] 燃料電池まだー?
岩崎をはじめメンバーは早く燃料電池の稼働を実況してくださいよwww
ブルーノアは水素船でチケット1口50万円で資金を集めて建造したんでしょ?
早くしないと詐欺で訴えられますよwww
http://bluenoah.info/

岩崎のブログも相変わらずだけど、責任を果たしてせめて水素船を完成させなよww
http://www.blueyamato.com/
でないと詐欺確定!
詐欺確定だよw

未だに岩崎と行動を共にする連中も詐欺の幇助を続けるのかな?www
2015-07-31 20:28 ディープスロートさん URL 編集
Posted by キモヲタ河野www at 2015年09月01日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。