2015年08月04日

アメリカでAmazonプライムの共有が難しくなりました


Amazon.comがアマゾンプライムへの登録に新しい制限を設けたことで、数人でのサービスの共有が難しくなったとTechCrunchは語ります。

以前は、アカウント所有者は99ドルで他4名までサービスを共有することができました。これからは主に利用できるのは大人2名だけで、そこに4名までの子供が認められる形になります。

しかし、サービスを共有するためには、この2名の大人が互いのデビットカード、またはクレジットカードの使用を許可しなければいけません。

共有アカウント登録を難しくするこの動きは、個人アカウント登録の増加を目的としています。

アマゾンから新しいポリシーについてのコメントを得ることはできませんでした。

この切り替えに関してより詳しく知りたい方はTechCrunchの記事を読んでください。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423558440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック