2015年07月31日

ルイーズ・ヤマダ「金相場は800ドルに下落するかもしれません」


水曜日に第2四半期のGDPがアメリカ経済の成長を示し、ジャネット・イエレンFRB議長が政策金利の引き上げについて発言した後、貴金属相場は木曜日、ここ5年と半年の最低水準まで下落しました。

金は過去に行われた15の立会売買のうち13が値を落としており、ある高い評価を受けている専門家はこの状況がさらに悪くなると言っています。

”皆、金が弱気相場にあるということを認めなければならないと思います”ルイーズヤマダテクニカルアドバイザーズのマネージングディレクター、 ルーズ・ヤマダは木曜日、CNBCの"先物の今"で言いました。

金は今年8%を超えて下落し、3年連続を記録しようとしています。”私たちがS&P500指数と市場を強気と定義していた2013年に故障は始まっていたのです”株と金貨の値が正反対に動く傾向に注意しているヤマダは言いました。

"彼女が最も心配しているのは、下降三角形を形成しているチャートです。専門家はこのパターンをさらに下落する兆候と見ています。”支えられていた1400ドルの下値を破り、現在は1200ドルまで下落しています”彼女は言いました。ヤマダはこのチャートの次の目標を1000ドルとしており、”私は今年中に到達すると思います”と言っています。

ヤマダにとって1000ドル以下を目指す次の2、3年の動きは、2001年から続く上昇トレンドを破るものなのでしょう。”800ドルへの回帰を見ることになるでしょう”彼女は言いました。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423332412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック