2015年07月30日

Google翻訳は今や文章を即座に27の言語間で解読することができます


コンピューターでアプリが起動する限り、バベルフィッシュ(アプリ)を主とするグーグル翻訳は単一言語における様々な方言をも喜んで解読するでしょう。

しかしテキストの翻訳は言語におけるサービスのほんの一部です。グーグルが2014年に買収したWord Lensの特徴である写真ベースの翻訳は、道路標識やメニュー、看板の外国語を即座にあなたの母国語に変換します。今それは、よりよく進歩しています:本日Google翻訳チームは即座に翻訳可能な言語に、新しく20ヶ国語が加わったと発表しました。

スナップ写真をサポートするこのボリュームのある追加は、レンズベースの翻訳がデビューした1月時の7ヶ国語から印象的な飛躍をもたらしました。(注目すべきは、カタロニア語、クロアチア語、チェコ、デンマーク、オランダ語、フィリピン語、フィンランド語、ハンガリー語、インドネシア語、リトアニア語、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア語、スロバキア、トルコ、ウクライナ語が追加されたという点です。)
ブルガリアで道に迷い、ブルガスへ行く手がかりが全くなかったり、ホステスが強く勧めるスウェーデンのニッポンソッパとは何か知りたい時、あなたは”英語”と一緒に翻訳したい言語を設定してカメラボタンを押せば解決するでしょう。

Gmailの新しいスパムフィルターを動かしているものに近いニュートラルネットワークのおかげで、写真翻訳は現在、オフラインで作業しており、かなり激しく働いています:アルゴリズムドライブは厳密に、何がメールで何がメールでないかを特定するために翻訳し、全体的に偽物の兆候や不鮮明な部分を十分見分けることができるほど賢いです。グーグルはこの速さを犠牲にしない局所的な翻訳が、古いインターネットのシステムにより良い結果をもたらすと言います。

テキストだけでなく、現在は音声翻訳もずっと反応が良くなっています。検索の巨人は32言語間での翻訳について、どんな曖昧な表現であってもサポートできるようアップデートすると言っています。

グーグルはそのアップデートをアンドロイドとiOSユーザーへ”ここ数日の間”に公開すると言います。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423274114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック