2015年07月29日

5月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数、4.9%上昇


5月のアメリカの住宅価格はS&P/ケース・シラー住宅価格指数によれば続伸はしていますが、アナリストが予想していたほどではありませんでした。

20都市の指数は5月に前年比で4.9%の上昇でした。アナリストは5.7%の上昇を予想していました。

デンバーの住宅価格は10%上昇し、サンフランシスコ、ダラスのそれぞれ9.7%と8.4%の後に続きました。

全国的な戸建住宅価格はS&P/ケース・シラーによれば、”2013年の2桁上がりのパターン”から年間4〜5%の上昇に落ち着いています。

”次の2年間ほどは住宅価格の上昇は鈍るでしょう。価格はインフレや賃金の約2倍の速さで上昇しています”S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのマネージング・ディレクターと指標委員会会長を務める、デイヴィッド・ブリッツァーは声明を発表しました。

S&P/ケース・シラーによると新規購入者の少なさが下落の原因になっていると言えます。

”新規購入者は現在の所有者から支援を受けて需要と流動性を供給するものです。新規購入者に後押しがなければ市場は活性化しませんし、より少ない中古住宅は追い詰められ、住宅在庫にも懸念が出てきます”ブリッツァーは言いました。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423207058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック