2015年02月28日

飢餓列島15

戸外ではまたみぞれが降り始め、風が鳴っていました。根上たちは長谷川たちの「第7地区共同体」に第1前哨として加わり、割り当てられた廃屋で他のものたちと過ごしていました。「リーダーに聞いたんだが、あんたがたが目指してきた那智の廃鉱にはだいぶ食料の貯蔵があったんだって」一人が根上たちに声をかけました。「惜しかったな、もう少し早く行ってりゃ、缶詰の2箱や3箱は持ってこれたろうに」また一人が未練げに言いました。「いや、例の人食い共に目をつけられていたんだ。かりに少しばかり手に入れても奴らに皆殺しにされていたに決まっている」また一人が、半ば捨て鉢な口調で言いました。「まあ全く、あんたがたにとってはえらい骨折り損だったわけだ。こんな時のためにせっせと溜め込んでおいたものが、まるきりパアになったんだからな」嘲弄めいた口調になりました。(またかー)根上は眉をしかめました。彼らの仲間入りをしてから、もう1週間の余が経っていました。

「東京はどうなったかしら?」不意に美子がつぶやくように言いました。根上はかすかに肩をすくめるだけでした。電話もテレビもラジオも役に立たない状況で、東京との連絡あれ以来、まったく途絶えていました。今日本中では、おそらく激しい凶暴な動乱が起こりつつあり、東京は騒乱の中心として修羅の巷とかしているのだろう。情報がないからなんとも想像はつかないが、三輪邸は意外にあっけなく暴徒か軍隊の手におちて、メンバーたちは無残な屍体と化しているのかも。根上はそんなことを考えていました。

美子が耳を澄ましました。次の瞬間、彼女はいきなり、立て切ってあった入り口の板戸に両手をかけて開けようとしました。板戸がきしりながらわずかに開くと、どっとみぞれが降り込んできました。「なんだ、どこへ行くんだ?」見張りの男が喚きました。「夕方新宮に行った車が帰ってきたんだわ。あのヘッドライトを見て」降りしきるみぞれの中、十数メートルのところに1台のライトバンが止まって、ヘッドライトを点滅させていました。それは、この共同体のメンバー同士が相手を確認し合うときに決めた合図でした。根上はポケットから懐中電灯を出すと、車に向かって同じ信号を送りました。ライトバンはのろのろと動き出しました。近づくにつれて、車体のあちこちに弾痕があるのが見えてきました。

「荷台に二人、怪我人がいる」運転手が助け降ろされながら言いました。後部ドアを開けると二人の男が横たわっていました。一人は腕が、もう一人は全身が血まみれでした。根上たちは、負傷者たちを家の中に担ぎ込んで応急処置をしましたが、そのうち一人はもう虫の息でした。根上は運転手が野村だったことに気づきました。「どうしたというんだ?」「リーダーの命令で新宮の連中と同盟を結ぶ話し合いをしに行った。だが話にもならなかった。武装した自警団が俺たちを見るなり発砲してきた。俺たちを山の人食いだと思い込んでいて、いくら違うと怒鳴っても無駄だった。全員殺されずに、逃げて帰ってこれたのが不思議なくらいだよ」「こっち人は?」美子が瀕死の男を覗き込むようにして言いました。野村が男を見て痛ましげな顔をしました。「東京のお邸にいたメンバーの一人ですよ、お嬢さん。新宮に流れ込んできた難民たちの中に混じっていたんだ。自警団との撃ち合いの最中に俺たちのところに来ようとして、撃たれた」

美子は男に近々と頬を寄せました。「教えて。東京の屋敷はどうなったの。父は?」男は何か言おうとしてむせました。口から血の泡を吹き出したのを、美子がハンカチで拭き取ってやります。「会長は…死に…ました」美子は訊き返しました。「ころされたの?」男はゆっくり首を振りました。「衰弱…なさって」「他の人たちは?」「邸が…爆発を起こして…みんな…散り散りに…ほとんど…殺されました」「でも逃げられた人もいるのね?あなたのように?」男の目に突然異様な光が宿ったようでした。「石光…俺たちを見捨てて…ちくしょう」その怨念にエネルギーを燃焼し尽くしたのか、男はがっくりと首を垂れて動かなくなりました。根上は、美子たちのそばに近寄ると、男の遺骸を両手に抱き上げ、無言で入り口へ運んで行きました。「埋めるから手伝ってくれ」一言いうと、それまで呆然と突っ立っていた男たちが一斉に動き出しました。戸口を開けるもの、つるはしやスコップを持つもの、懐中電灯で足元を照らすもの、皆それぞれ、何かをしないではいられないのでした。

前哨の男たちが投げていた未練げな言葉や、嘲弄からも察せられるように、食糧を占有している人々というのは、それができなかった人間から凄まじい嫉みと憎しみを買うものです。狡い、不公平だ、もはや自分が物資を手にできなくても、せめて豊かな連中を道連れにしてやりたい。パニックを引き起こすのは欠乏ですが、それをより凶暴化させるのは、こういった醜い負の感情なのです。
タグ:飢餓列島
posted by 河野 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414831301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック