2014年12月10日

銀河英雄伝説25

出迎えに待っていたラインハルトは、帰投したキルヒアイスと、自室でベスターラントの虐殺黙認の件について口論になります。ラインハルトは「戦略的にも政略的にも止むを得ない手段だった」と説明しますが、キルヒアイスの「政略のために民を犠牲にするならばルドルフ・フォン・ゴールデンバウムと変わらない」との答えに怒ります。二人は分かり合うことがないまま話は終わります。

キルヒアイスが退席した後、ラインハルトはアンネローゼからのビデオレターを見ていました。「なんでもジークに相談するように」「煩わしく思えても、失って後悔するより失われない内にその貴重さを理解して欲しい」というアンネローゼの言葉に「そうかもな」と独りごち、口論になりながらもキルヒアイスの判断力の高さを認めているようです。ラインハルトはオーベルシュタインを呼び出し、ヒルダからのビデオレターを見せます。内容は「リヒテンラーデが残った帝国貴族の間を動き回っている」というもので、オーベルシュタインには祝勝式典後、一足先にオーディンに戻りこの謀略に備えるよう命令します。命令を受けたオーベルシュタインはキルヒアイスの重用について言及します。オーベルシュタインには「ナンバ−2不要論」と言う持論があり、強固な社会体制を作るためにはラインハルトが絶対者でなければならず、キルヒアイスも他の将校と同列に置くべきだというのです。オーベルシュタインの勢いに折れたラインハルトは、「くどくど言うな」とその提案を了承することにします。

祝勝式典を終えた後、ラインハルトは捕虜の引見を行なうため将校を集めました。今までキルヒアイスだけは他の将校とは違い、銃の持ち込みも許可されていましたが、今回からそういった特別扱いは無くなっています。まずはファーレンハイトがその将才をラインハルトに買われ、帝国軍の列に加わることを許されます。次にブラウンシュヴァイクの遺体を携えるアウスバッハの番になりましたが、ラインハルトの目の前まで来た時、主君の仇を討つため遺体に隠したバズーカ砲を取り出して発射するのでした。

ラインハルトはオーベルシュタインの策に乗ったことで民衆の支持を得ていますが、本当のところはいずれバレるでしょうし、そうなれば見殺しにされた民衆の関係者が新たな反乱の火種となり、それがいずれ発展してまた内戦が発生し、結局いつかまた大勢死ぬことになるとも考えられないでしょうか。古い権力者を排除して自分が新しい権力者になったから民衆がついてくるのではなく、民衆がついてくるから権力者になれるわけです。オーベルシュタインの考えも潜在的に発生する死者の数はそう大差ないとするなら権力者としてケチがつかない分、キルヒアイスの言っていることの方が正しいという話になります。
posted by 河野 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410380509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック