2014年11月30日

日本維新の会の陰謀14

「緊急連載スタート!ハシシタ 救世主か衆愚の王か 橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」と表紙に打ち込まれた「週刊朝日」(2012年10月26日号。同年10月16日発売)の記事をめぐって、発行元である朝日新聞出版社と親会社の朝日新聞が、橋下徹氏から取材拒否を受け、記事の連載中止を公表しました。(同年10月19日)連載中止から編集長更迭、朝日新聞出版社長の引責辞任、そしてついには、判明しているだけでも、全国2県3市の公立図書館での閲覧制限・貸し出し禁止にまで発展した「週刊朝日」の「出自」報道ですが、この騒動に関しては複雑な利害関係が絡んだ、ある種の”ヤラセ”ではないかという疑念が生じます。

「人権の朝日」を売り物にしてきた朝日新聞グループは、これまで「部落解放同盟」と、かれこれ45年にわたって一心同体の関係であり続けていました。その朝日新聞グループの週刊誌が、従来とは真逆の主張を展開する連載記事を開始したことは驚くべきことです。実際、「週刊朝日」と同じく朝日新聞出版が発行する「AERA」は、過去、橋下擁護の記事を量産してきました。例えば11年11月27日が投票日となった大阪府知事・市長のダブル選挙を目前に控えて「週刊文春」と「週刊新潮」が橋下氏の「出自」と父親の経歴について暴いた記事を掲載しましたがその際「AERA」は「橋下氏、生い立ちは不祥事か『同和と実父』報道に反論」の見出しで全面用語の側に回っていました。

また同誌は、同和対策事業の利権漁りに邁進してきた部落解放同盟の「部落差別は未だに深刻」という、事実に反した主張に沿った記事も、過去、積極的に掲載しています。親会社の「朝日新聞」も、この間何度かやはり部落解放同盟に追従する「部落差別深刻化」論に沿った「部落差別問題」特集を組んできました。朝日新聞グループは5年前、タレント弁護士から大阪府知事に転身した橋下氏に対して、ナチスの”ヒトラーユーゲント”ならぬ”橋下ユーゲント”ばりの翼賛報道を繰り返し、今日の危険な「橋下現象」を演出してきたのですが、今回の「出自」報道はその「蜜月関係」を予告もなしにひっくり返したようにさえ映ります。こうした方針転換は果たして偶然なのでしょうか。

また、橋下氏の「出自」は週刊誌や月刊誌で何度も指摘され、今回が初めてのことではありません。「週刊朝日」の連載第1回の内容を見ても、従来の報道を強襲したもので、新しい事実はありませんでした。もちろん、10回から15回の連載を予定していたとのことですから、継続していれば新しい事実が明らかになったかもしれませんが、ならばなおのこと、事実の発掘というジャーナリズムの使命が頓挫に追い込まれた背景の掘り起こしが必要になります。
posted by 河野 at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。