2014年10月20日

銀河英雄伝説19

療養所から出てきたフォークが現場への復帰願いを却下したクルブスリー大将に激昂し銃で撃ってしまいます。この暗殺事件を機に蜂起した反乱軍が惑星ネプティス、カッファー、パルメレンド、シャンプールを占拠してしまいます。

キャゼルヌを迎え入れ、歓談しているヤンの元に倒れたクルブスリーにかわって統合作戦本部長を務めるドーソンから、イゼルローン駐留軍をもって反乱が起きた四つの星を全ての鎮圧を命令されます。帝国も内乱でイゼルローンを取りには来ないでしょうし、ハイネセンの第1艦隊を始めとする大部隊は温存したいという意図があったのです。

将校を集めて会議を開いている途中、ハイネセンでクーデターが起きたとの連絡があり、中継に繋ぐとハイネセンを占拠した救国軍事会議と名乗る反乱軍が公式発表を行っていました。反乱軍はルドルフ大帝の頃と変わらない独裁的な憲章を提示し、最後に議長を紹介しますが、その人物はなんとあのグリーンヒルでした。

軍事会議への参加を拒否したヤンをグリーンヒルはルグランジュ提督に第11艦隊で討つよう命じます。ヤンはイゼルローンにある全兵力をもってハイネセンへ向かうのでした。

今回ヤンはユリアンへ四惑星の反乱軍に対する用兵術を講義しました。自軍は待ち伏せ、敵を一カ所に集めるも合流させず、それぞれに優る戦力をもって各個撃破すべしというものです。各個撃破というと自分から個別の勢力に進撃するイメージがあったので、待ち伏せて行うという発想は勉強になりました。
posted by 河野 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407449025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック