2014年08月22日

宇宙空母ブルーノア25

宇宙空母ブルーノア第22話の感想を書きたいと思います。

スクリーンショット 2014-08-15 10.20.54.png

ブルーノアの接近を察知したゴドムが差し向けた宇宙艦隊に対して、ブルーノア、護衛艦3隻は飛鷹ら宇宙攻撃隊を展開し迎撃の準備をします。その中の一隻にはどうしても一緒に戦いたいと、ケイも同乗していました。交戦が開始されると敵機はいくら撃墜してもきりがなく現れるので反陽子砲で一掃する事にします。反重力エンジンによって連射出来るようになったのです。

スクリーンショット 2014-08-15 10.23.13.png

第一航空部隊は壊滅しました。ユルゲンスはすぐに第二、第三航空部隊を派遣するよういいますが残っているのはなんとヘーゲラーの旗艦だけでした。ザイテルはヘーゲラーにその旗艦でブルーノアと戦うよういいますがヘーゲラーは無茶であると拒否します。二発目の反陽子砲がゴドム星に放たれるなか、調査に行かせていたヘーゲラーの部下が恐るべき情報を持ち帰ります。なんとゴドム星に人がいないのです。

スクリーンショット 2014-08-15 10.35.09.png

ゴドムは生命維持装置に欠陥のある破綻した星であり地球侵攻そのものが本来必要のない、設計者であるザイテルのミスを覆い隠す為のものでしかありませんでした。自分が守ろうとしてきた星が死の星であった事実に驚愕するユルゲンスですが守るものがどうであれ軍人として恥ずかしくない道をとりたいと、ヘーゲラーの旗艦を借りブルーノアへ挑むのでした。

スクリーンショット 2014-08-15 10.45.31.png

今回のザイテルは安倍首相にそっくりです。排外的な外交態度をとり、日中戦争の為の法案を次々と通していますが、これは国内に山積している問題が解決不能であることの裏返しです。中国と戦争して勝てますか?財政破綻問題、少子高齢化や人口減少、放射能汚染は外国人の悪口を言っていれば解決しますか?問題の原因は全て政治に無関心だった国民にあるのです。
posted by 河野 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403428203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック