2014年07月31日

宇宙空母ブルーノア3

「日下真の戦い方」

SnapShot49.jpgゴドム人達の侵攻に対して日下たちはブルーノア号の艦載艇である「シイラ」にのって戦うことを選びます。日mたちは戦いながらブルーノアへの補給や修理や補充の為に、そして最終的にはバミューダの反重力エンジンを確保し宇宙空間に打って出る為に世界各地の研究センター群(ポイントn)を回ります。
日下たちのその戦いは、私たちが開催予定の奈良ウォークラリーとよく似ています。大和国で継続して開催されるウォークラリーは、徒歩を基本とした避難訓練であり、その行程をツイッターやustream、youtubeに投稿しながら充電やwifi接続が可能な「チェックポイント」を廻ります。そして、一番重要なのが行程をBlog、Youtube、Twitter、uStream、ニコ動などでネット公開を行うという部分です。被災した場合、何もしないのと、ネットでリアルタイムで中継を行うのでは、どちらの方が救助部隊がやってくる速度が速いのでしょうか。
日下達のように戦うのか、それとも間違った指導者に従い続けるゴドム人のようになるのか平等に選択肢が与えられています。

まず、「戦略空母ブルーノア」は「戦艦ヤマト」と違い艦載機による航空戦を基本とする航空母艦だということです。21世紀の選挙戦において、艦載機とは支持者によるネット活動と規定しています。そして、空母は戦艦に比べて防御力は脆弱です。つまり、情報公開は候補者が行い、ヒットマンに狙撃を防ぐ為に、上記のように潜水します。そして、水上での活動は艦載機や潜水艇シーラが中核となります。具体的に戦略空母ブルーノアにとっては、各ポイントnがチェックポイント(宿営地=母校)であり、観測ゾーンが戦闘地域ですが、潜水艇シーラにとってはチェックポイントがブルーノアであり、選挙ポスターの掲示場が観測ゾーンとなります。このシーラの活動は明日の号で掲載致します。(次号のキーワードは、コンフォートゾーン)
タグ:ブルーノア
posted by 河野 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。