2015年07月28日

ブルーダイヤモンド、「アーモンド・ブリーズにアーモンドがほとんど含まれていない」として訴えられる


”本物のアーモンドから作られています”とアーモンドブリーズのラベルには確かに本当のことが書いてありますが、どれだけ使われたかは書いておらず、7月14日に起こされた集団訴訟に参加しているフードナビゲーターによれば、1カートンあたり2%しか含まれていないと言います。

残りは水、砂糖、ヒマワリレシチンとカラギーナンであり、後者は増粘剤です。原告側は製造元のブルーダイヤモンドが、主要なブランドであるミルクにアーモンドがたくさん入っているかのような嘘を書いていると主張しています。

原告は彼らの虚偽広告に対して500万ドルの損害賠償を求めています。ブルーダイヤモンドからの回答はまだありません。フードナビゲーターは原告側が示していない適切なパーセンテージついて、インターネット上にあるアーモンドミルクのレシピを基準にして、アーモンド1つにつき3〜4倍の水で薄めた濃度、25〜33%ほどだと言っています。

“両手いっぱいにアーモンドを持って説明しなければならないような、ブルーダイヤモンドにとっては厄介な問題です”原告側は”不知の質問”を提示しているとするフォーブス誌は言っています。マザー・ジョーンズ誌はブログ上で、まず第一にアーモンドを育てるだけで莫大な量の水が必要である点に注目しました:それに値する利益が出るかはわからない。あなたにもし、アーモンドミルク作りをやめる理由があるとしたら、これがそうです”(これからは他のナッツミルクにもこの熱い提訴の動きが伝わるかもしれません)

本稿はNewserにあったものです:アーモンドミルクにほとんどアーモンドが含まれていません
タグ:翻訳
posted by 河野 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

オバマが自身の頭に銃を当てている画像をハーメネイーがツイート


イランの宗教的最高指導者であるアーヤトッラー・ハーメネイーは、テヘランでの核協議が失敗に終わっていたなら、軍事力を使用していただろうというオバマの発言に対して、彼が自分の頭に銃を当てている画像をツイートしました。 

”アメリカの大統領は、イラン軍を倒せると言っています。私たちは戦争を全く望んでいませんし、いかなる戦争も始めることはありません”土曜日にハーメネイーの公式アカウントはツイートしました。

そのツイートにオバマが自分の頭に銃を当てている画像が含まれています。

このツイートは今月の初めに締結された、イランが核開発を大幅に削減することと引き換えに、数十億ドルに上る制裁措置を取り下げるという核協議に注目しています。

もし協議が完全に終わるなら、通常兵器の禁輸も解かれるだろうが、それがイランの軍事的選択の誤りや核兵器の追求につながると政府高官は公的に発言しています。

報道によれば7月14日、ハーメネイーは国務長官のジョン・ケリーに対して、そのことについて”非常に心配している”と、はっきり意見を述べています。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

有罪判決を受けたスパイの元妻「イスラエルは彼の弁護士費用を支払うべき」


ジョナサン・ポラードは11月に仮釈放の対象になります。

(エルサレム)イスラエルのためにアメリカでスパイ行為を行っていたとして、有罪判決を受けたジョナサン・ポラードの元妻は土曜日、イスラエル政府に世界的な思惑の中にある彼が、すぐに自由になれるよう弁護士費用の支援を求めました。

ジョナサン・ポラードはワシントンにあるイスラエル大使館に亡命の申請を却下され1985年に逮捕されました。以来この事件は、両国にこだわりと、意見の相違を生じさせました。

支援者たちは、アメリカに友好的でない国のスパイがより寛大な措置を受けていた事例を挙げて、彼の同盟国へのスパイ行為が過剰な処罰を受けていると主張します。

検察官や政府関係者を含む評論家たちは、彼の事を機密文書の山を開示しアメリカの安全保障に損害を与えた裏切り者と呼んでいます。

イスラエルに機密情報を売った容疑で逮捕された彼は逮捕から30周年の11月に仮釈放の対象になります。

今週、ポラードがよりすぐに釈放されるだろうというメディアの憶測が、広範囲に及んでいました。

アン・ポラードは”ジョナサンがどの日付にも釈放されるという公式な発表はありません”と土曜日の夜、イスラエルのChannel 2 TVで語りました。

彼女は今後の仮釈放の公判で”ジョナサンが一流の弁護士を雇えるように”イスラエル政府は彼に資金を出すべきであると言いました。

彼女は言いました。彼は一旦釈放されたなら、”100%”イスラエルに戻りたがるでしょう。”そうでなければ彼にとって何の意味もありません”

”私はただ彼を見送りたいです。私はこれ以上、彼が刑務所の中で座って彼の人生の全てを浪費させられる事に耐えられません。これは犯罪です。そういう犯罪なのです”彼女は言いました。

ポラードの弁護士、エリオット・ラウアーは、金曜日に彼が釈放される事を望んでいたが、オバマ政権からは何の応答もなかったとAP通信に話しました。

ポラードの釈放は、アメリカとイランの間で結ばれた核協議の邪魔になる、イスラエルへの譲歩と見る事ができます。昨年のイスラエルーパレスチナ人会議を含む以前から、ポラードの釈放をぶら下げていました。

ポラードの支援者たちは、彼が開示した情報は、従来からアメリカとイスラエルとの間で共有していたが、規制されたものだと主張しています。

彼は投獄の年数を以ってどちらかの国のスケープゴートとして利用され、反ユダヤ主義の犠牲者にもなったとも主張しています。

この事件はイスラエルとアメリカ両国間の同盟に蟠りを残しました。

60歳のポラードは近年、健康上の問題と戦いながらノースカロライナ刑務所に留置されています。連邦刑務所のウェブサイトでは、彼の釈放予定日は11月21日だと発表されています。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。