2015年06月21日

ハーシーが年間販売予測を整理し、300人の人員削減を行います


チョコレートメーカーのハーシーズは、中国での販売不振を理由に年間販売成長予測を切り下げ、300人の雇用を削減すると発表しました。

金曜日、同社は現在の売り上げが以前の年間成長率である6〜7%と比較し、為替変動分を除くいて4〜5%の増大を見込んでいると述べました。

同社はまた、2016年は税引き前の貯金を6500万ドル〜7500万ドルにできるよう計画し、経営陣を変更すると言っています。

ハーシーの株価は、金曜日の株式市場開始前で89.50ドルと、3%下落していました。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

ケベック自由党が再びITコストの超過に取り組みます


ケベックシティー長い間、ケベックはお金を情報テクノロジー(IT)に注ぎ込んできました。

例えばケベック州民一人ごとに一つの電子健康ファイルを作成するのに、5億4000万ドルかかると思われます。これまでそれに、納税者は16億ドル払っています。

2010年、自由党のCharestが法案を可決することでコストの超過を制御しようとしましたが、その甲斐もなく。

”我々は政府が十分な強さを備えていないという問題を抱えていました。徹底的に続ける必要があった主要なプロジェクトに注意を払いませんでした”財務会議委員長Martin Coiteuxは言いました。

”これが私の発表した変更案の一部です”

Coiteuxは、主要なITプロジェクトの監督を担当する委員会を設置し、どんな仕事もカットすることなく、管理を一元化することで雇用を減らさず、むしろ資格を持つ公務員はより増やすと約束しました。

”とても明快な案です”彼は言いました。

”我々が求めるものはITプロジェクトによる内部問題の制御と、それに対するしっかりした経済的な結びつけです”

政府は地方のデータセンターを合併し、データをハードディスクドライブの代わりにインターネットに格納してアクセスする”クラウドコンピューテング”を使うことによって”数億ドル”を節約するつもりです。

金曜日、SPGQ組合委員長のRichard Perronは慎重ながらも楽観的でした。

”彼が提示する解決策は我々が彼に伝えたものと同じなので、我々の声が聞き届けられたと思っています”Perronは言いました。

”しかし細部には落とし穴があるものです”彼らは十分な人々の雇用を確保し、相場の給与を支払うことができますか?”

CAQは、現在の合理化が過去の失敗を打ち消すものではないと主張しました。

”我々は何があったのか知るべきなので質問させて欲しい”CAQのMNA、Eric Caireは言いました。

”何故我々がその失敗のために多くのお金を費やさなければならなかったのか?絶対に問い合わせる必要があります”

金曜日の計画発表に追加して、自由党はIT改革案をこの秋に推し進めていくと語りました。
タグ:翻訳
posted by 河野 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

グーグルの自動運転車チーフとドライブ


クリス・アームソン(Chris Urmson)はそれがおかしいことだとは思いませんが、Googleの自動運転車で走行距離100万マイル以上を記録している間、彼とチームが見たものについて話すとき、笑いを堪えずにはいられないのです。

”時々、それが人々を驚かせるのを我々は見ています”Google自動運転カープロジェクトのデイレクター、アームソンは言います。”我々が予想していたより、人々の運転は荒いです”

彼はあるケースでは、女性が運転中にボウルに入れたシリアルを食べているのを見ました。”ミルクがスプーンから滴っているのが見えました”

テクノロジーの巨人が自動運転車の研究を次の段階に移すとアームソンはCNBCに話しました。

この段階ではグーグルカー群が試験路から、カルフォルニアのマウンテンビューへ移動します。そしてよりよく市民がこれらの車両と道を共有することについて、どう考えているのか理解するために都市の内外の人々からフィードバックが得られるようウェブサイトを用意しました。

”我々はコミュニティの中で、これらの車両を持つことがどう有益なのか、どう苛立たせるのかを理解したい”アームソンは言いました。

自動運転車の一般的な魅力、それに対するある程度の懐疑は最近、この6年間でグーグルカーが関わった1ダースのほんの些細な事故のレポートに従って、増加しました。

それらの事故のうち2つは、今月初めに起こりました。グーグルは、自動運転車が交差点に止まっている時、注意を払っていないドライバーと低速衝突を起こしたと言います。

”両方のケースで我々は数秒の間待っていて、そこへ誰かが割り込んできました”と彼は言います。

これまでグーグルは事故についてのデータを毎月公開しており、衝突の原因は他のドライバーにあると言います。しかし消費者監視団体は、同社に”グーグルは透明度の高い情報の合法的な要請を黙らせるために、情報を小出しにしている”と言い、同社に追加の情報開示を求めました。

”彼らが公道でテストを行っているなら、市民はそこで起こった事故について何が起こったのか正確に知る権利があります”団体は言います。

グーグルチームは疑いについても、他のドライバーや歩行者が時々する全力疾走のような危険な行動についても公平な目で見ているとアームソンは言います。

それは間違った道の方向を走っていた車、赤信号でターンを待つべきところを、あたかも適法であるかのように曲がった2台を含みます。

”ドライバーが不注意をしたら、その時が彼らが間違いを犯す時です”アームソンは言いました。

タグ:翻訳
posted by 河野 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする