2015年05月31日

アルツハイマー病は脳萎縮の前にさえ記憶喪失を引き起こす


脳タンパク質は健康な脳についての、記憶喪失のような痴呆症の進行における重要な要素であると、サセックス大学が新しく発表した脳萎縮の身体的兆候の研究結果を前にしてさえ信じられています。

今日(5月29日)、ネイチャー・パブリッシング・グループジャーナルのサイエンスレポートで、アルツハイマー病と記憶喪失のつながりについての研究結果が明らかにされました。

アルツハイマー病の特徴は、脳組織でアミロイドが形成されることです。これらのアミロイドは不溶性タンパク質、”アミロイドβ”から構成され、病気の進行上重要な”オリゴマー”と呼ばれる小さな組織を形成します。

これらのタンパク質がアルツハイマー病に関係していることは知られていますが、それがどのようにして記憶喪失につながるのかについては、ほとんど何もわかっていません。

サセックスの神経科学研究員は、アミロイドβが健康なカタツムリ(ヨーロッパモノアラガイ)の脳をどう冒していくのか、食事の実験を通して、その結果を注意深く研究しました。

その結果、アミロイドβの影響を受けている彼らの脳組織は、たとえ損傷を受けた兆候を示さなかったとしても、実験の24時間後には記憶にかなりの障害が出たことがわかりました。

アルツハイマーの病状でよく知られている記憶喪失は、アミロイドβだけで十分引き起こされることが証明されたと、論文の主執筆者であるレンジー・フォード氏は言います。

”我々が観察したのは、タンパク質を投与した後でさえ、カタツムリの脳は健康なままであったということでした。脳細胞の喪失も、細胞死の兆候も、動物としての正常な行動が変化することもありませんでしたが、記憶は失われました”

”これはアルツハイマー病のアミロイドタンパク質が、脳の神経細胞を殺すことで情動記憶に影響を与えているのではないということを示しています。アミロイドタンパク質は、記憶を保つために必要な特定の分子経路を目標にしているようです”

カタツムリの神経系を使った学習と記憶の分子メカニズムの実験の創始者であるサセックスの神経科学者、ジョージ・ケメンズ教授は言いました。”我々が記憶経路をよく理解できるよう、確立した記憶の損失と純粋なアミロイドβによる影響の関係を示すのに、カタツムリの単純な脳は理想的なモデルシステムです”

この試みは、記憶喪失における記憶経路の仕組みと影響の研究にプラットホームを提供します。

この研究の上席でサセックス大学ディメンティア・リサーチ・グループの共同監督も務めているサーペル教授はこう言います。”どのようにしてアルツハイマー病が発病するのかを理解することが、この病気と闘うための治療法を見つける上で非常に重要です”
posted by 河野 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

億万長者ブームは終わりかもしれない


過去20年の間に、900人以上の億万長者が生まれましたが、新しいレポートによれば、このような億万長者ブームは終わるだろうとあります。

過去20年で世界長者番付の殆どを作り上げた世界的な富の波は、次の10年か20年で終わることになるだろうと、火曜日に公表されたUSB社とPwC社のビリオネアレポートに書かれていました。特に新しい市場における経済成長の弱さ、そして政府の高く不公平な徴税によって新しい億万長者の誕生が遅れるだろうともあります。もうひとつの要因は、億万長者たちが60歳を超える高齢者層であるということです。

”金持ちは20年の間でより裕福になっていました”と、USB社のプライベートウェルスマネージャーのトップであるジョン・マシューズ氏は言います。”しかし、私たちはこれが直線的に起こったと思っていません。それはS字カーブタイプよりです”

その億万長者のS字カーブは、1870〜1910年の金ぴか時代に始まり、鋼や、鉄道といった新しい産業と工業化によって、莫大な繁栄と成長を遂げました。しかし、1930〜1980年の間、大恐慌と第2次世界大戦の後は億万長者が殆ど生まれず、増加率が急激に下がったのです。

その50年間の億万長者日照りは、不景気と高い税金、そして起業的な巨大企業による経営的な経済の出現に起因すると、レポートにはあります。この時、2、3の巨大企業は、起業家精神が殆ど残っていない経済を支配しました。

今、レポートによれば、私たちはもう一つ下の斜面へ転がるかもしれません。

1300人の億万長者のうち900人を加えた、最後期のブームは1995年から20年以上続きました。

しかしレポートには幾つかの要因が億万長者の足を止めるだろうとあります。新興の成長市場、特に中国とBRIC加盟国の経済は減速しています。政府の対応は、大手企業への規制と同じくらい高い、富裕層に対する税金(遺産勢と所得税)につながります。中央銀行が利上げを決めるなら、低金利と世界中で上昇している資産価格の時代が変わり、資産価格のデフレーションにつながるでしょう。

億万長者は殆どが60歳を超える高齢化した層であり、資産は相続人に渡すか、慈善事業に使うことを示唆しています。

根拠のない話をする人たちに反して、私たちは、第2の金ぴか時代が到来することは永遠になく、横ばいになると考えています。

本当に、億万長者の失速についての予想は、多くの経済学者、政治評論家、権威者のものと正反対になっていますが、来るべき年にテクノロジーとグローバル化によって安定した、億万長者と富裕層が作り出す、ただ成長するだけの”勝者総取り”の経済を見ることになります。

そして、新技術、例えばナノテクノロジー、生物工学、人工知能、医療といったものの高まりが大きな退歩を幾らか相殺することができるとレポートにはありました。

しかし、これらの進歩をもってさえ、レポートには現在の成長ペースが続きそうにないとありました。

”私たちはそれが止まるとは思っていません”マシューズ氏は言いました。”しかし、この20年の間と同じペースを維持することはできるはずがありません”
posted by 河野 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

アメリカの消費者物価がインフレーションで押し上げられている


アメリカの消費者物価は、4月の下向きなガソリン価格のおかげで和らぎました。しかし、増大した居住費と医療費が、連邦準備制度理事会が今年後半に金利を上げるために抑えなければならないインフレーションの圧力を高めました。

労働省は金曜日に、消費者物価指数が3月に0.2%上昇したのちに、先月は0.1%上昇すると言いましたが、12ヶ月を通した4月の消費者物価指数は、3月に0.1%下落したのちに、2009年10月以来最も大きな下げ幅である0.2%下落を見せています

全体から食品と光熱費を除外した、いわゆるコア消費者物価指数は、3月に0.2%上昇したのちに、2013年1月以来最も大きな上げ幅である0.3%の上昇を見せました。

12ヶ月を通しての4月のコア消費者物価指数は、3月と同程度の1.8%の上昇でした。

”これが本当の活性化によるものであるという証拠が、より多く揃うまで、連邦準備制度理事会は固定資産税の増税を遅らせる”トロントにある、キャピタル・エコノミクス社のチーフエコノミスト、ポール・アッシュワース氏は言いました。

”9月は最も上昇の見込みがある月ですが、5月と6月がもう一対として強い上昇を見せるなら、それは7月になるかもしれません。”彼は言います。

米国債の価格は下落し、アメリカの株価指数先物は、そのデータの後より低くなりました。ドルは通貨バスケットに対して強かったのです。

コアインフレーションの高まりは、今年前半期の鈍い経済成長を背景に、通貨政策について考慮する米国中央銀行当局に歓迎されるでしょう。

水曜日に公開された4月の連邦準備制度理事会の会議内容では”多くの”政策担当者が6月までに短期金利を上昇させる”十分な確証のあるデータは供給されないだろうと考えていました。

多くの経済学者たちは、最近の4月の工業生産と小売生産を含む、不十分なデータ群を参考にして、連邦準備制度理事会が9月に利率を上げることさえ疑っていました。

2%のインフレ目標を導入している中央銀行は、2008年12月からゼロ金利付近を維持し続け、コア消費者物価指数を低く安定させています。

先月、ガソリン価格は3月に3.9%上昇した後、1.7%下落しました。食料品価格は、3月に0.2%下落してから横這いです。

コアインフレーションは、居住費の0.3%の増大によって3月と同程度に高まっています。

居住費のインフレーションは、世帯形成のための賃貸物件の要求が増加することで高まり続けるでしょう。締め付けられた労働市場はそれと共にコア消費者物価指数を上へ向わせる圧力を与えなければなりません。

治療費は0.7%と、2007年1月以来最も大きな上げ幅を見せました。世帯の家具調度品の費用も2008年の9月以来、最大の増加を公表しました。

中古車とトラックの価格は0.6%の上昇で、3ヶ月連続の上昇です。しかし、航空会社の料金は3月に1.7%下落したのち、1.3%下落しました。衣類価格は、12月以来初めて下落しました。
posted by 河野 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。