2014年10月21日

銀河英雄伝説20

ブラウンシュヴァイクはシュターデン提督がメルカッツの案に修正を加えた作戦を採用します。内容は首都星オーディンからガイエスブルグ要塞までの航路上に偵察、連絡機能だけを残した九つの軍事拠点を設け、ラインハルトを十分要塞に引きつけてから二つに割った大部隊のうち一方をあたらせ、もう一方の別働隊を手薄になったオーディンに送り込み皇帝を擁するというものです。ラインハルトが何の備えも無く出撃するはずはないのですが、メルカッツは一度痛い目を見ないと別働隊を指揮するシュターデンも同行している貴族も分からないと考え異議を唱えませんでした。シュターデンの出撃を知ったラインハルトはミッターマイヤーに迎撃命令を出します。

アルテナ星域で機雷源を撒いたミッターマイヤーとシュターデンは、そこを挟んで睨み合い三日が過ぎようとしていました。ミッターマイヤーは疾風ウォルフと呼ばれるほど迅速な機動に定評のある将校でシュターデンはそれが全く動かない事に罠の危険を感じます。しかし部下達から慎重を通り越して臆病、これは敵の力量を計る為の出撃であると説得され仕方なく、隊を左翼と右翼に分け機雷源を迂回し挟み撃ちにする事にします。左翼部隊はシュターデンが、右翼部隊はヒルデスハイム伯が率います。

ミッターマイヤーは作戦を読んでおり、予め移動してから右翼部隊を側面から撃滅、すぐに時計方向に機雷源を迂回し背後から兵力が半減したシュターデンを撃ちます。シュターデンは体が悪いのか、吐血し拠点の一つレンテンベルク要塞に撤退します。ミッターマイヤーの勝利を確認したラインハルトは、ガイエスブルグ要塞攻略の橋頭堡とすべくレンテンベルク要塞も落としにかかります。

レンテンベルク要塞を攻略するのに最も効率がいいのは外壁にある入り口から第6通路に兵を送り込み中枢にある核融合炉を抑えてしまう事です。白兵戦が中心になるこの作戦にはロイエンタールとミッターマイヤーの部隊があたりますが、成功させるには強者であるオフレッサー上級大将の守りを突破しなければいけません。

第6通路に続く入り口から兵を送る事は出来ましたがオフレッサーは強く、先行した潜入部隊は皆殺されてしまいます。戦いぶりを見ていたオーベルシュタインは利用価値を見いだし、ラインハルトにオフレッサーの処遇について任せてもらいます。ロイエンタールとミッターマイヤーは自らが乗り込みロイエンタールを挑発して予め掘っておいた落とし穴にはめて拘束します。オフレッサーを失った連合軍は降伏し、レンテンベルク要塞は陥落しました。

連行してきたオフレッサーをオーベルシュタインは殺さずガイエスブルグ要塞に還します。オーベルシュタインはオフレッサーの主立った部下を全て処刑しておきブラウンシュヴァイクに裏切りの疑惑をもたせ、それが連合軍全体に波及するよう仕組んであったのです。目論見どおり濡れ衣を着せられ逆上したオフレッサーはアンスバッハに射殺されてしまい、その場に立ち会っていた将校達の間にも裏切りの疑念が蔓延します。

あからさまな撹乱作戦ですが謀略だらけの貴族生活を送ってきたブラウンシュヴァイクはまんまと引っかかりました。人を信じられない心は自分の事しか考えてこなかった人が受け取る最悪の報いです。

posted by 河野 at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

銀河英雄伝説19

療養所から出てきたフォークが現場への復帰願いを却下したクルブスリー大将に激昂し銃で撃ってしまいます。この暗殺事件を機に蜂起した反乱軍が惑星ネプティス、カッファー、パルメレンド、シャンプールを占拠してしまいます。

キャゼルヌを迎え入れ、歓談しているヤンの元に倒れたクルブスリーにかわって統合作戦本部長を務めるドーソンから、イゼルローン駐留軍をもって反乱が起きた四つの星を全ての鎮圧を命令されます。帝国も内乱でイゼルローンを取りには来ないでしょうし、ハイネセンの第1艦隊を始めとする大部隊は温存したいという意図があったのです。

将校を集めて会議を開いている途中、ハイネセンでクーデターが起きたとの連絡があり、中継に繋ぐとハイネセンを占拠した救国軍事会議と名乗る反乱軍が公式発表を行っていました。反乱軍はルドルフ大帝の頃と変わらない独裁的な憲章を提示し、最後に議長を紹介しますが、その人物はなんとあのグリーンヒルでした。

軍事会議への参加を拒否したヤンをグリーンヒルはルグランジュ提督に第11艦隊で討つよう命じます。ヤンはイゼルローンにある全兵力をもってハイネセンへ向かうのでした。

今回ヤンはユリアンへ四惑星の反乱軍に対する用兵術を講義しました。自軍は待ち伏せ、敵を一カ所に集めるも合流させず、それぞれに優る戦力をもって各個撃破すべしというものです。各個撃破というと自分から個別の勢力に進撃するイメージがあったので、待ち伏せて行うという発想は勉強になりました。
posted by 河野 at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

銀河英雄伝説18

帝国内は皇帝派のリヒテンラーデ、ラインハルト枢軸、反皇帝派のブラウンシュヴァイク、リッテンハイム連合に別れ内乱の気運を高めており、貴族達は枢軸側につくか連合側につくかで議論していました。マリーンドルフ家の次期当主ヒルダは内乱を制するのはラインハルトだと確信しブラウンシュヴァイクにつこうと考えていた父を説得します。

ラインハルトとの面談にこぎ着けたヒルダは、双方の組織構成を見極め、ラインハルトの勝利を予想し味方につきたいと言います。慧眼に感心したラインハルトはマリーンドルフ家と、その口添えがあった家は厚く遇すると約束します。加えてヒルダはラインハルトが内乱を治めた後するであろう事をに備えて、マリーンドルフ家の家門と領地を安堵する公文書を申請します。手を読まれたラインハルトは楽しそうにしながら了承します。

ブラウンシュヴァイクの別荘がある、リップシュタットにて不平貴族達が盟約を結びリップシュタット連合軍を結成しました。3700名の貴族が集まった連合軍はブラウンシュヴァイクを盟主、リッテンハイムを副盟主とし正規軍、私兵を合わせて2560万もの兵力になり、加えて軍司令官には名将のメルカッツ大将が就きます。メルカッツは、ラインハルトの才能を認めていただけに意外でしたが、ブラウンシュヴァイクから娘を引き合いに脅しを受けており、実戦の全権を自らにゆだねる事、命令に背いたものは貴族であっても処断されるという条件を認めさせた上で、渋々承諾したのです。

ブラウンシュヴァイク邸でフェルナー中尉は国家を二分する内乱で大きな傷を残さぬようにする為、ブラウンシュヴァイクにラインハルトの暗殺を進言します。ラインハルトの天才性を知るシュトライフもその案に賛成しますが、ブラウンシュヴァイクは自らの実力を示すため真正面から戦いたいらしく却下します。

フェルナーは独断による暗殺作戦を決行するもキルヒアイスの護衛群に逮捕されます。ラインハルトはそれにあわせてクーデターを起こし、逃げ後れた反皇帝派の貴族、将校を拘禁しますがブラウンシュヴァイク、リッテンハイム、大部分の貴族は健在です。民を思って暗殺を進言していたシュトライフは免罪され、ラインハルトに仕えたいと自首したフェルナーはオーベルシュタインの部下になりました。

ラインハルトは三長官職を兼任し皇帝より帝国軍最高司令官の称号を得て、ガイエスブルグ要塞に集結した連合軍の討伐に乗り出します。

軍事は連携が命ですから元々謀略だらけの、お互いが信用できない貴族同士で出来た連合軍は名将メルカッツが指揮しても勝てないでしょう。
posted by 河野 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。