2014年09月20日

コードギアス反逆のルルーシュ16

スクリーンショット 2014-09-19 22.56.14.png
学校で久しぶりにあったスザクと家で夕食をとる約束をしたルルーシュは、その事を報告しに学校内の自宅にいるナナリーの所へ行くと、なんと生きていたマオにさらわれた後でした。マオはルルーシュのつけている無線に介入してきてナナリーの命をかけたゲームを提案してきます。5時間以内に見つけなければならず激しく動揺しているところに、それを怪訝に思ったスザクが事情を聞き出し、手伝ってくれます。先ほどのマオからの連絡から水の音を聞き取り、地下の循環システムにいると見た二人はそこへ向かいます。

スザクはルルーシュにはない優れた運動神経で途中の機関銃トラップを破壊し無事ナナリーのところへ到着しますが、頭の上には振り子上に揺れている大きな爆弾がありました。ナナリーを動かしたり余計なエネルギーを加えると爆発すると思われます。止めるには爆弾から伸びている何本かの線のうち、起爆装置に繋がっているものを切るしかありません。マオは本職ではありませんから線を当てるのは容易いですが、上手く切断するのが非常に難しいです。

スクリーンショット 2014-09-19 22.53.59.png
ルルーシュはナナリーを監視していたカメラの送信先である校内の教会にマオがいることをつきとめ、向かいます。マオはルルーシュを待っており、チェスによる最後の勝負を持ち掛けます。爆弾の起爆スイッチとしての天秤がそばに備え付けられており、マオがある程度駒を取って計りに乗せれば重みでスイッチが入って爆弾が爆発、ルルーシュが取れば解除される仕組みです。

思考を読める相手に勝てるはずもなくルルーシュは負けてしまいます。しかしマオが携帯からナナリーの死体を確認するとなんと爆発していません。先にルルーシュがスザクに線を切らせてそのまま外で待機するよう指示し、その事を自分にギアスをかける事で忘れさせていたのです。スザクがマオを取り押さえますがマオは悪あがきにスザクの過去を読み取って暴露します。

スクリーンショット 2014-09-19 22.55.09.png
元日本国首相の枢木ゲンブを殺したのは実の息子であるスザクでした。スザクは父の決めた徹底抗戦によって日本人の死者が増える事を恐れ、父を刺し殺したのです。スザクを罵り続けるマオをギアスで黙らせ、最後は近くにいたccがとどめを刺すのでした。

マオは心の声を絶対の情報だと思い込んだ為逆手に取られて敗北しました。驕りは一番の武器を弱点に変えるものです。
posted by 河野 at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

コードギアス反逆のルルーシュ15

スクリーンショット 2014-09-19 9.52.10.png
帰りの電車でccからマオについて教えてもらいます。マオの能力の有効範囲は500m、集中力次第で深層意識まで読み取れる。弱点を強いてあげるなら能力をオフに出来ない、常に周りの心の声が聞こえてしまう。ccは彼が子どもの頃にギアスを与え、共に過ごしており、唯一ccの声だけは聞こえない為彼女を求めているのだといいます。

マオが思考を読めるなら一番の弱点であるナナリーを狙ってくるでしょうから、暫く自宅に留まる事にします。ルルーシュは今頃になって、ギアスを使い続けると使用者にも危険がある事告げたり、契約を果たせなかったが故に捨てたマオを野放しにしていたccの卑劣さに激怒します。お互い、暫く別行動でマオを探す事にします。

合流すると、丁度マオからルルーシュに電話がかかってきて、ccに代われと言ってきます。ccはマオとやり直す事にしたといい、ルルーシュの元を去ります。ルルーシュは録音されていたマオとccの会話内容をきき、ccがゼロの秘密をネタに脅迫されてマオの元に行ったのだと知り助けにいきます。

スクリーンショット 2014-09-19 12.54.17.png
ccとマオはクロヴィスランドという閉園した遊園地にいました。マオがccをチェーンソーでバラバラにしようとしたところにステージ上のスクリーンから東京タワーにいるルルーシュが現れ、マオが知らないccの本名を引き合いに出して挑発します。激昂してスクリーンを破壊していたマオはいつの間にか警察に取り囲まれていました。その中にマオのギアスを避けるため東京タワーにいると思われたルルーシュも、ccを連れ出すために混ざっていました。スクリーン上の姿はマオとのやり取りも全て計算に入れた録画だったのです。

スクリーンショット 2014-09-19 12.54.58.png
マオはゼロの正体をばらす事で逆転を計ろうとしますが、すでに警察にはギアスがかけられており撃たれてしまいます。ルルーシュはccに自分の願いもccの願いもまとめて叶え、マオが果たせなかった契約も自分が実現してみせると約束するのでした。

今回のccのように責任から逃げて後顧の憂いを放置していると、大きな災いを連れて帰ってくるものです。他人に害が及ぶこともありますから、その時その場で確実に決着をつけておかなければいけません。
posted by 河野 at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

コードギアス反逆のルルーシュ14

スクリーンショット 2014-09-18 15.29.44.png
撤退命令を出したゼロは、自分の銃が盗まれ、地面に血痕がある事に動揺します。つまり、撃った人物と撃たれた人物に顔を見られた可能性があるという事です。戦闘中、一瞬シャーリーと思われる人影を見た気がしたゼロはc.cと一緒にシャーリーの部屋を調べますが、手がかりとなるようなものはありませんでした。しかし、どうも成田に向かっているらしいので自身もc.cと赴き直接聞く事にします。

スクリーンショット 2014-09-18 15.30.48.png
成田の慰霊碑に来ていたシャーリーに、怪しい男が近づいてきます。男は、ルルーシュがゼロである事、作戦があった夜シャーリーがゼロを庇ってヴィレッタを撃った事、父の死を使ってルルーシュにキスした事など何でも知っており、シャーリーを追いつめ、言いなりにしてしまいます。

ルルーシュはシャーリーがいるなら慰霊碑だと思っていましたが誰もいませんでした。代わりにさっきの怪しい男シャーリーの携帯をもって現れ、ケーブルカーの中でチェスの勝負を持ち掛けます。この男、マオは自分もギアス使いであり、思考を読む事ができるといいます。チェスはマオの勝利で終わり到着した駅にはシャーリーが銃を構えて待っていました。マオはシャーリーにルルーシュを殺させる気のようです。

シャーリーはルルーシュとマオ、双方から説得の言葉を浴びせられ精神が耐えきれなくなって倒れ込んでしまいます。マオは仕方なく自分の手でやろうと銃を取りにケーブルカーへ戻ると、勝手に扉が閉まって下へと送られてしまいます。介入の機を伺っていたc.cが助けてくれたのです。マオはc.cと顔見知りのようで執着をみせ再び現れると言い残します。

スクリーンショット 2014-09-18 15.32.40.png
ルルーシュはゼロの秘密を守るため、シャーリーが苦しまずにすむようギアスをかけルルーシュに関する一切の記憶を消去するのでした。

今回ルルーシュはシャーリーを切り捨てました。大きな目的を達成する為には大事なものにも優先順位をつけ、時に下から切り捨てていかなければなりません。
posted by 河野 at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。