2014年09月26日

コードギアス反逆のルルーシュ22

スクリーンショット 2014-09-26 12.26.10.png
ブリタニア、黒の騎士団、キョウトや中華連邦、EUも注目する行政特区日本の開設記念式典が開催されました。ゼロはガウェインに乗って上空から堂々とやってきて、ユーフェミアと二人きりで交渉したいと申し出ます。スザクは成田での接触や神根島の遺跡を知った事が関係しているのか、ガウェインに乗っているccが漠然と見えているようです。ccはそんなスザクに何か確認しておきたい事があるらしく、ガウェインを降りスザクと接触しますがまたスザクを失神させてしまいます。

申し出に応じたユーフェミアはゼロと個室に移動します。仮面を取り、ゼロはギアスでユーフェミアに自身を撃たせ、騙し討ちされたという形で再び黒の騎士団をイレブンに支持させる作戦でしたが、ユーフェミアが自分の特区構想を実現する為に皇位継承権を放棄した事を伝えられ、その覚悟に感服しユーフェミアの考えに賛同する事にしました。

スクリーンショット 2014-09-26 12.27.34.png
ユーフェミアは「自分が撃てと言われてもルルーシュを撃つ訳がない」と笑って言いましたが、ゼロは「自分が本気で命じるとだれも逆らえない、例えば日本人を殺せとか」と答えると、なんとギアスの制御が出来なくなっており先ほどうっかり出した言葉が命令としてユーフェミアに届いてしまいます。

スクリーンショット 2014-09-26 12.28.38.png
ユーフェミアは部屋を飛び出しブリタニア兵に日本人の虐殺命令を下しました。式典に来ていた多くの日本人は殺されてしまい、ゼロはもうこの状況を利用して自分の当初からの計画を実行に移すしかありません。山の中に待機させていた黒の騎士団にユーフェミアは裏切ったと伝え、日本人を救出しユーフェミアを見つけ出して殺すよう命令するのでした。

ユーフェミアは皇位継承権を放棄する事で、特区構想を同情からの施し、哀れみだと考えていたルルーシュの考え改めさせを説得する事に成功しています。実力や実績が上の人を説得するには相手に覚悟を示すしかありません。
posted by 河野 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

コードギアス反逆のルルーシュ21

スクリーンショット 2014-09-25 12.27.57.png
ルルーシュはディートハルトを通して近く行われる東京租界内でのクーデターに向けての指示を出す一方、生徒会役員として本日行われている学園祭の仕切りもこなしています。今回の目玉は、スザクが乗ったガニメデという旧型のkmfによって作られる直径12mのピザだそうです。

スクリーンショット 2014-09-25 12.19.48.png
学園祭にはスザクを見に来たのか、ユーフェミアもおりナナリー、ルルーシュと再会し、話をします。ルルーシュにユーフェミアはいい方法を見つけたといいます。急に強い風が吹いたせいでユーフェミアの変装が周りにバレてしまい学生達に追いかけ回されていたところをスザクのガニメデに助けてもらいます。話しやすい場所に落ち着き、丁度注目も集まっているので学園祭の撮影に来ていたhitv局に全国中継で自分の政策を発表する事にします。

その内容はなんと富士山周辺に行政特区日本を作るというものです。行政特区日本は日本人という名前に戻れ、日本人への規制もブリタニア人の特権もない平等な地域だといいます。この計画はシュナイゼルにも事前に確認してもらい賞賛されたものです。

スクリーンショット 2014-09-25 12.20.13.png
ユーフェミアはゼロにも協力を要請しますが、これは黒の騎士団に取って非情に厄介な宣言です。協力すれば武装解除、拒否すれば民衆の支持を失います。これで昔に戻れると、ルルーシュを見つめるユーフェミアにルルーシュは敵意の目を向けるのでした。

今回はシュナイゼルだけでなくルルーシュにも一言断っておく必要がありました。ユーフェミアはゼロの正体を知ってルルーシュがこれ以上戦わなくてすむように今回の案を考えたのでしょうが、ルルーシュはユーフェミアのようなブリタニアを内側から変えるスタイルはしがらみを抱えて失敗する確率が高いと判断したからこそクロヴィスを殺し、黒の騎士団を用意した訳で、これではルルーシュに選択の自由がありません。善行をしたつもりでも配慮が足りないと思わぬ恨みを買うものです。
posted by 河野 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

コードギアス反逆のルルーシュ20

スクリーンショット 2014-09-23 13.15.59.png

旧枢木政権時に官房長官を務めていた澤崎アツシという人物がゼロによる日本国内の内政不安に乗じて中華連邦の助力で福岡を制圧し、独立政権の樹立を宣言しました。


全く覚えはないものの命令を無視して逃げた自分を許せずユーフェミアの騎士を辞退したスザクは、軍務に復帰しコーネリアの福岡制圧作戦に陽動部隊として参加することになります。この作戦はアヴァロンから試作型の飛行ユニット「フロートシステム」を装備したランスロットが降下、撹乱し、その後海からコーネリアの艦隊が上陸するというものです。


スクリーンショット 2014-09-23 11.51.22.png

ゼロは中華連邦の傀儡にすぎない澤崎に協力するつもりはなく、自分たちは東京に独立国を作るといいます。いくらなんでも無理だというメンバー達に「 お前達は誰かがブリタニアを倒してくれるのを待つつもりか。誰かが自分の代わりにやってくれる、待っていればいつかはチャンスが来る。甘えるな!自らが動かない限りそんないつかは絶対に来ない!」と叱咤激励するのでした。


作戦が開始され福岡に上陸したランスロットですが、敵kmfの攻撃に晒される中、フロートシステムによるエナジー消費が激し過ぎて機能停止寸前になってしまいます。そんな時ユーフェミアから突然の無線が入り「自分を嫌いにならないで」と言われます。心が救われたスザクはユーフェミアに深く感謝します。そのまま今度こそ機能停止しようとしていたランスロットの前にゼロとccが乗ったガウェインが現れます。ゼロはランスロットにエナジーフィラーを渡し、共闘を持ち掛けます。了解したランスロットはガウェインと共に澤崎のいる司令部に向かいます。ゼロは澤崎のような他国の傀儡政権に反対するという立場を明確にするため為、この戦いに参加したのです。


スクリーンショット 2014-09-23 13.17.38.png

澤崎と中華連邦の関係者は無事捕まり、スザクはユーフェミアからの申し出に応じて再び騎士となるのでした。


中華連邦は澤崎を使い実地でブリタニアの力を計っていますから、ここでコーネリアを退けるような事があればさらに兵力を投入して制圧範囲を広げてくると思われます。外国を利用するならゼロが自分でやった方がもっと良い条件を引き出せるでしょうし、民衆用の建前を抜きにしてもここで澤崎を潰しておくのが最良です。

posted by 河野 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする