2014年08月24日

宇宙空母ブルーノア27

宇宙空母ブルーノア第24話の感想を書きたいと思います。

スクリーンショット 2014-08-14 17.41.20.png

前回に引き続きユルゲンスと最後の戦いから始まります。ユルゲンスは土門艦長の読みどおり、反陽子砲の死角をついて攻撃してきます。壮絶な撃ち合いの末に艦長は重傷、ユルゲンスは果てました。

ヘーゲラー達が操縦するゴドムは太陽系の引力圏からの脱出に失敗しコントロールを失い地球へ激突しようとしていました。それを見た艦長はなんとしても地球との衝突は避けなければならないと後を真に託すのでした。しかし、ゴドムが地球の引力圏に突入するのと全速力のブルーノアがゴドムに接触するまでの時間はほぼ同時であり反陽子砲も射程距離内からは間に合いません。

このままではゴドムが地球に激突するのは確実です。なんとしても地球は守らなくてはなりません。真は一か八かブルーノアをゴドムにぶつける事にします。

スクリーンショット 2014-08-14 18.07.30.png

地球との衝突を避けたいのはヘーゲラーも同じでした。ゴドムにも地球にも沢山の遺伝子が眠っています。ヘーゲラーはブルーノアが体当たりを始める前に緊急回避のホバー装置を使い地球との衝突を避ける事に成功しますが、ゴドムはこれでもう太陽の引力に引っ張られていくしか無くなります。

スクリーンショット 2014-08-14 19.21.25.png

ヘーゲラーは最後の通信をブルーノアに送ります。
「我々と同じ運命がいつ地球を見舞わないとは限らない」
「私たちと同じ運命を辿らないようにするにはどうすればいいか考えておくことだな」

ゴドムは太陽に吸い込まれて消滅し、長い戦いが終わったのでした。

ヘーゲラーの最後の言葉を言い換えれば、誤った指導者を選ばない為にはどうすれば良いかということになりますが、答えは「政治に投資する」でしょう。政治を自分達のことであると真剣に考え、付和同雷したり無関心になったりせず有能で信頼出来そうだと思える候補にお金や労力を提供するということです。
posted by 河野 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

宇宙空母ブルーノア26

宇宙空母ブルーノア第23話の感想を書きたいと思います。

スクリーンショット 2014-08-15 11.11.21.png

反撃が来なくなったゴドム星に艦長は反陽子砲を三連射します。攻撃によって第一第二第三中枢室に遺伝子ファイルをザイテルが隠していた事もヘーゲラーに露見します。地球を改造した後、遺伝子を再生して人口を回復させ自身のミスによる大量死を隠蔽しようとしていたのです。

スクリーンショット 2014-08-15 11.25.51.png

愛想が尽きたヘーゲラーは地球を離れると宣言したところ逆上したザイテルに斬り掛かられたため、やむを得ず、殺害しました。ヘーゲラーは遺伝子を携え新天地でゴドム人を復活させるためヘーゲラーに協力するよう通信で要請します。ブルーノアと戦っても犬死にだというのです。しかしユルゲンスはブルーノアを食い止める為に戦うのならば結果どうあれ犬死になどではないとヘーゲラーに別れを告げるのでした。

スクリーンショット 2014-08-15 11.38.49.png

ユルゲンスはブルーノアに通信を送りゴドムの秘密を全て伝えます。そしてその上で「ゴドムを追うなら私を倒してからにしてほしい」と土門艦長にブルーノアとの一騎打ちを申し出ます。土門艦長はユルゲンスの軍人として生き方に共感したのか、他の護衛艦の艦長達が止める中、応じる事にします。地球の運命が決まる最後の戦いへ赴くのでした。

責任から逃げ、立場に囚われて命を落としたザイテルの醜さは今を生きている日本人として考えさせられるものがあります。皆が肩書きや立場ではなく、何をしているかで自他を認識しないとゴドムのようになってしまいます。
posted by 河野 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

7SPOTでファイルをアップロードする

スクリーンショット 2014-08-19 18.53.50.png

無料でネットをつなげられるwifiスポットは色々ありますが、私がお勧めするのはセブンイレブン系列の店舗で使える7SPOTです。
会員登録しておけば1日に3回、計3時間利用する事が出来ます。


スクリーンショット 2014-08-19 18.53.25.png

今回、8月23日に行われる羽越イベントにて3d映像を撮影しデータをメンバーへ送るための演習を行ってきました。演習の目的は、メンバーへのデータ送信手段として適当なものをgoogle drive、アップローダーgigafile、youtubeの中から6分程度のサンプル3d動画で一通り試し、一番速く送れるものを選ぶ事でした。サンプルのサイズは460mbでアップロードにかかった時間はそれぞれ下記のようになります。

google drive=33分

gigafile=11分

youtube=48分

以上の結果から明日のアップロードはgigafileに決まりました。当日は5つの動画をアップする予定ですので興味を持たれた方はチャンネル登録をお願いします。


posted by 河野 at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする